HOME > 国政ニュース一覧 > 国政ニュース詳細

国政ニュース詳細

2017年3月8日
【我が国の高等教育に関する将来構想について】

文部部科学省の『中央教育審議会』に『我が国の高等教育に関する将来構想について』を諮問させて頂きました。
現在、我が国はあらゆる側面においてかつて経験したことのないスピードで変化が進行していることは皆様もお感じになられていることでしょう。
例えばIot(Internet of Things)ビッグデーター、人工知能(AI)等の活用による『第4次産業革命』は、既存の産業構造、就業構造、さらには日常生活までをも一変させます。
そのような社会の中、我が国の高等教育への主たる進学者である18歳人口の推移を見ると、私が高校教諭を務めていた2005年は約137万人でしたが、2016年には約119万人にまで減少しています。さらに2030年には100万人に、2040年には現在のおよそ3分の2となる80万人にまで減少する見込みであります。
我が国の持続的な成長のためには初等中等教育の改革はもちろんですが、「全入時代」を迎える高等教育の「時代に即した改革・強化」が必要不可欠です。
無為に座すことなく、傍観せず、決してひるむことなく、未来を見据えながら果敢に挑み続けてまいります。