HOME > 国政ニュース一覧 > 国政ニュース詳細

国政ニュース詳細

2017年7月10日
【帰国報告◆

エジプト初日は、エルエナー二考古大臣、アブデルガッファール高等教育兼科学研究大臣、シャウキー教育大臣と会談しました。
各大臣共『日本型教育』をエジプトに導入したい。
ついては協力を要請したいという旨の要請を受けました。
これは大統領の強い意向でもあるそうです。
イスラムの「神と人間」を前提とする教育のみではなく、「人と人(人間)」の共存・共生を重んじる道徳教育を始めとする日本型教育の普及は今、エジプトの教育改革の柱として位置づけられています。
また「エジプトの歴史」に誇りを持てる教育の重要性を語っておられました。
街並みが「歴史そのもの」であるエジプト。
しかり、それが「当たり前」だと課題も出てくるもの。
例えば日本にとっての「水」に関する教育も同様なのかも知れません。
エジプトでは水より、コーラのの方が安いそうです。
予定時間を大幅に超過する、実りある会談が出来たと思います。