HOME > 国政ニュース一覧 > 国政ニュース詳細

国政ニュース詳細

2018年1月22日
【思い出に残る一日】

第196回・国会が召集されました。
朝はいつも通り地元の駅に立ち、雪の予報を気にしながら電車に飛び乗り国会へ。
役所との打ち合わせの後、午後12時40分に国会正門前で天皇陛下をお出迎え。
雪が舞う中でしたが傘をさして御出迎えするような議員(毎回、大半が自民党議員)は皆無。
礼を尽くしての御出迎えです。
続いて午後1時より「参議院本会議場」で開会式。
参議院が貴族院だった頃から変わっておりません。
大島衆議院議長の挨拶に続き、天皇陛下から御言葉。
終了後は再び正面玄関へと移動し、天皇陛下を御見送り。
降雪量が増しておりました。
その後、午後2時から衆議院本会議で安倍総理の所信表明演説、外交・財政・金融の大臣所信で、およそ1時間半。力強い所信表明でした。
終了後、外を見ると「真っ白」な世界。
北海道で12年暮らしましたが、まさに「積もる系降雪」で、予報通り「積雪」となっております。
問題は「ここから」です。
積雪に脆弱な首都圏。
「宿舎」を借りておられる議員は問題ないのでしょうが、私のように借りていない議員には「自宅」にたどり着くという大仕事が残っております。
案の定、駅は大、大、大パニック。
早朝、地元駅でご挨拶させていただいた皆様の大半も、今の私と同じ状況でございましょう。
必ず、帰る。
待ってろよ。
思い出に残る一日となりそうです。