HOME > 国政ニュース一覧 > 国政ニュース詳細

国政ニュース詳細

2018年9月21日
【自由民主党 総裁選挙】

自由民主党では、昨日、党員・党友票の集計と党所属国会議員の投開票が行われ、私もお支えさせて頂いた安倍晋三総理が合計553票を獲得し(石破茂候補254票)総裁に選出されました。
党員・党友の皆様からも目標に掲げてきた(前回の総裁選で石破氏が獲得した党員票獲得率)55%を獲得できました。
皆様に心より感謝しております。
一部メディアなどではこれらの数字があたかも接戦であったかのように語られますが、衆議院の総選挙で候補者の得票率が50%を超えたら「圧勝」です。
まして今回の選挙は同じ政党に属する者同士の選挙。
日本も、自民党も、独裁国家、独裁政党ではありません。
当然ながら党内には多様な意見がございます。
徹底的に意見を戦わせ、最後に決まったら、結束して事にあたる。それが自民党が国民政党といわれるゆえんです。
そんな党内でダブルスコアの差がついたという事実は、再選された安倍総理・総裁のこれまでの卓越した実績と、難問が山積している「これから」への期待の大きさそのものだと言えます。
私は今後も自分の持ち場で安倍内閣をしっかりと支えてまいります。
そして、ただ支えるだけではなく、私自身が国を担うに値する人間力を身につけるために日々成長してまいります。
時間は待ってなどくれないのですから。
新たな船出。高揚感ではなく、覚悟と自覚、そして緊張感を持ちながら、今後も安倍総理・総裁を先頭に、目の前の難解な連立方程式と「総力」で向き合ってまいります。
重ね重ねになりますが、総裁選でのお支え、本当に有り難う御座いました。
寄せて頂いた皆様のご期待に恥じることのなきよう、これからも誠実に汗を重ねてまいります。

義家弘介 拝