HOME > 国政ニュース一覧 > 国政ニュース詳細

国政ニュース詳細

2019年9月27日
【長い歴史の上に在る責任】

法務省の玄関「赤れんが棟」(旧本館)を視察しました。
この荘厳な建物は1895年に竣工された国の重要文化財でもあります。
赤れんが棟の中には「法務総合研究所」「国立国会図書館支部法務図書館」「公安審査委員会」と共に「法務史料展示室」があります。
展示室は一般公開(午前10時〜午後6時※入館は5時30分まで)されており、貴重な歴史資料と共に我が国の法秩序の形成過程が分かりやすく解説されております。
皆様もこの荘厳なネオバロック様式の歴史的建造物をお訪ね頂き「法」という近くて遠い「理(ことわり)」について考えて頂けたら幸いです。
(追伸・法学部の学生だった30年前にこの資料館を訪れていたら、受動的だった講義の景色はまったく違ったものになっていただろう、と痛切に感じました)