HOME > 国政ニュース一覧 > 国政ニュース詳細

国政ニュース詳細

2020年6月27日
【誰のために、何のために『学校』はあるのか。】

教育界にいまだ蔓延る横並びの事なかれ主義。
そんな風土がエスカレートして、時に「運動会の徒競走で一斉ゴール」のような「唖然」を生むのです。
今、教育界が「これまで」から脱却できなければ、学校はやがて子供達の成長に責任を持てない場所になってしまうでしょう。
子供達のためにこそ学校はあります。原点回帰。
彼らの成長を守るために、変わる事が求められています。
コロナ禍の今、日本はあらゆる側面で試されています。

https://www.businessinsider.jp/post-215332