【放熱の始動。】
【いろんな目線、いろんな視点。】
【笑顔を分かつ日曜日。】
【コロナ禍にあるからこそ。】
【地元の優しさに恥じぬよう。】
【本日11月18日刊行!】
【本日、著者『一隅を照らす』が出版されます!】
【どんな凍てつく朝だとしても。】
【いつもおんなじ空のした。】
【地元、そして国家に尽くす。】
【今日もおんなじ空の下。】
【気力充電も大事な仕事。】
【地元あっての国政、を旨として。】
【地元の『秋』を満喫。】
【過去と未来と今。】
【コロナ禍の大地に咲き誇る花。】
【さらに根っこを下ろしつつ。】
【絆を紡ぎ、明日へ行く。】
【土着の精神で、日本を、守り抜く。】
【今日も同じ空の下。】