【お互い様の世の中を。】
【これからも。】
【国民の努力に応えるためにも。】
【春の訪れを肌で感じながら。】
【我慢の週末、間もなく終わり。】
【別れ、それは出逢えた証。】
【国政での議席を預かる者として。】
【どんなに寒い朝であろうとも。】
【俺ジナル・チョコレート】
【継続により紡がれた絆をチカラにかえて。】
【春を感じる大空の下より。】
【荒天だからこそ、皆様の傍らで。】
【ストロベリーハンター。】
【国会へと向かう小田急線に揺られながら。】
【街・人・仕事が繋がり、都市と自然が共存する街。】
【春の足音に耳を澄ませて。】
【優しさと安心を届けるために。】
【危機の今こそ先頭で、傍で。】
【春を迎えに。春一番が吹きました。】
【衆議院予算委員会テレビ入り質疑が始まります。】