HOME > 神奈川のど真ん中16区ニュース一覧 > 神奈川のど真ん中16区ニュース詳細

神奈川のど真ん中16区ニュース詳細

2018年10月22日
【1年前の本日】

1年前の本日「10月22日」は衆議院総選挙の投開票日でした。
振り返れば雨・雨・雨の選挙戦でございました。
投開票日だった昨年の今日は台風が上陸し、暴風が吹き荒れた一日でした。
そんな中、地元の皆様に強力かつ重層的にお支え頂き「11万508票」(次点候補者と1万4千380票差)という大きな、大きな得票を頂き「小選挙区」での当選を堂々と果たすことが出来ました。
雪辱を期し、皆様と共に泥だらけになりながら手にした総力の勝利。
後援会の皆様と声高らかに万歳三唱できた感動は生涯忘れることはないでしょう。
そしてあの日、皆様と新たな誓いを立てました。

「総選挙から一番遠い時期に何をしていたかを皆で大切にしよう」
と。

あれから一年。
ルーティンとして続けている早朝の駅や街頭でのごあいさつは、総選挙から丸一年となる本日で「123回」(区切りの日に1、2、3!ってなんだか縁起がいいですよね)。
また後援会の皆様と共に、これまで築いてきた「輪」を、樹の年輪のようにじわりじわりと広げてまいりました。
毎週月曜日に発行している後援会通信『週刊よしいえ』(ご希望の皆様は私の事務所までご連絡下さい)は本日の「10月22日(月)号」で創刊「199号」となり、来週には創刊「200号」を迎えます(これもなんだか「運命的」と申しますか、とにかく縁起がいいですよね)。
国政では「財務金融委員会理事」、党では「財務金融部会長」を務めさて頂き、常に未来を見据えながら汗を重ねてまいりました。
明後日始まる臨時国会で「平成三十年度補正予算」が成立すれば全国の小中学校の教室に「エアコン」を設置することができます。
感無量です。
明治維新から150年の節目。
明治政府がそうであったように「教育環境の整備」は「新時代創生」の「一丁目一番地」です。
水曜日に召集される「臨時国会」からは「人創り」を所掌する「文部科学委員会理事」、「地方創生」を所掌する「地方創生特別委員会理事」として、また党では与党全体を俯瞰する「自民党副幹事長」として汗を重ねていくこととなります。
それらの全ては、皆様の御支持、御支援があってこそ、です。
今後も変わることなく日々、地に足を着け、深く、広く根を伸ばしながら、世界の真ん中で輝き続ける「道義国家・日本」を未来へと繋げていくために全力を傾注してまいります。
総選挙から一年という区切りの「この日」、改めて皆様のこれまでのお支えに心より感謝すると共に、私自身、それに恥じることのなきよう、これからも更なる成長を日々遂げていくことをお誓い申しあげます。
今後もなお一層の御指導、御鞭撻を、どうぞ宜しくお願い致します。

平成30年10月22日

義家ひろゆき 拝