HOME > 神奈川のど真ん中16区ニュース一覧 > 神奈川のど真ん中16区ニュース詳細

神奈川のど真ん中16区ニュース詳細

2019年12月31日
【心よりの感謝を込めて】

大晦日を迎えました。今年も1年、見守ってくださり本当に有難うございました。
私はこれまで「年男の年」に人生における重大な転機を経験してきました。
人生5度目の年男となった本年(0歳・12歳・24歳・36歳・48歳)は、文字通り「私の人生史に残る1年」となりました。
今年は統一地方選挙と参議院選挙が重なる12年に1度の「亥年選挙の年」でしたが、地元ではこれにプラスして、厚木市長選、厚木市議選、愛川町議選がございました。
「選挙」は「民主主義の根幹」です。
国政初当選を果たした12年前とは比較にならないほど、重層的かつ濃密な「草の根選挙(草の根民主主義)」を経験させて頂きました。
選挙がひと段落した9月13日には法務副大臣を拝命し、法と社会秩序、社会正義を所掌する法務省の認証官として、少年院における講話(多摩少年院・北海少年院・紫明女子学院)など「法務省の歴史」に残る仕事を重ねさせて頂きました。
また新天皇陛下が内外に即位を宣明された「即位礼正殿の儀」に参列する栄に浴し、さらに11月には皇居に特設された「大嘗宮(だいじょうきゅう)」で夜を徹して営まれた「大嘗宮の儀」(一世一大の新嘗祭)にも参列させて頂きました。
明日から始まる令和2年の元旦(1月1日)も「新年祝賀の儀」への御招待を賜り妻と2人で出席させて頂きます。
令和元年は私にとって「民主主義の根幹」と「我が国の歴史」に触れながら歩んだ幸せな1年でした。
すべて皆様のお蔭でございます。
万感の思いを胸に、時を慈しみながら、令和元年の最終最後まで地に足を着けた歩みを重ねます。
皆様、どうぞ、よいお年をお迎えください。 
よしいえ ひろゆき 拝