未来とはやって来るものではなく切り拓くものでございます。私たちの地元、厚木・伊勢原・相模原・座間・愛川・清川。それぞれの地域が持っている強み繋ぎ、皆様と共に次の時代を拓いてまいります。



名実とも関東の西の玄関口に。真に豊かなまちを創生します。

ついに圏央道と東名・中央・関越・東北・常磐・東関東の6つの基幹道路が繋がりました。地の利・時の利を活かした開発を継続し、人の輪、自然の恵みと伝統、成長力が内在する「真に豊かなまち」を創生いたします。

大山詣りを日本遺産に指定。歴史を紡ぎ世界に開きます。

19年にはラグビーワールドカップが、そして20年には東京オリパラがやってまいります。各地域が持っている「強み」を繋いで面にして、都市・伝統・自然・レジャーを一体的に楽しむことができる地元を創生し、世界の皆様に開きます。

246バイパスは地元を紡ぐ希望の道でございます。

力を入れてきた新東名の開通がいよいよ迫ってまいりました(2020年)。東名(秦野)と圏央道(厚木)を新たに結ぶ246バイパスの開通は地元経済を大きく押し上げます。早期の開通を目指し全力を傾注いたします。