甲子園始球式という貴重な機会は、五万人の観客が見守る中、マウンドで障がいを持つ野球少年一球を託しました。



地元で発生した児童虐待を憂い、虐待相談共通ダイヤル『189』(いちはやく)の創設に奔走し、実現しました。



家庭の経済状況に関わらず誰もが「夢を追える国」へ。史上初めてとなる給付型奨学金を実現しました。約束を、実現。



引率等の問題で全国大会がなかった特別支援学校。文部科学省主催でボッチャ甲子園(全国大会)を開催しました。


未来とはやって来るものではなく切り拓くものでございます。私たちの地元、厚木・伊勢原・相模原・座間・愛川・清川。それぞれの地域が持っている強み繋ぎ、皆様と共に次の時代を拓いてまいります。


歴史的事業を着々と進めております。リニア新幹線開通に伴う津久井地域の基盤整備、米軍補給しょう返還地での未来都市創生事業、駅前、インター周辺の再開発と企業誘致で可能性をさらに伸ばします。「子育て環境日本一」を目指し、子どもたちの意欲能力を伸ばします。


日本は落とし物返却率1位世界一親切な国。私はそんな日本を強く優しい、世界で一番、幸せな国にしたいと思っております。幸せの傍らには、それを支えている皆様の献身がございます。感謝を込めて皆様の営みをお守りいたします。