HOME > プロフィール

プロフィール

前 参議院議員 義家弘介
義家弘介

Yoshiie Hiroyuki
1971年3月31日生まれ 長野県出身 O型 牡羊座

文部科学副大臣/衆議院議員
前 自民党副幹事長
元 文部科学大臣政務官
元 内閣官房教育再生会議担当室 室長
元 横浜市教育委員会 教育委員


プロフィール

昭和46年
3月31日生まれ。
昭和63年
北星学園余市高等学校に編入。
平成2年
明治学院大学法学部に入学。
平成11年
母校・北星学園余市高校の教師になる。
平成15年
4月、ドキュメンタリー番組が放送され大反響に。
10月、「ヤンキー母校に帰る」がドラマ化。
平成17年
4月、横浜市教育委員会教育委員に就任。
平成18年
10月、内閣官房教育再生会議担当室室長に就任。
平成19年
4月、東北福祉大学特任准教授に就任。
7月29日、参議院議員選挙当選。
平成21年
10月、自民党政務調査会 文部科学部会長に就任。
平成22年
4月、自民党政権力委員会(ネクスト・ジャパン)教育・人材育成・文化・スポーツ担当大臣に就任。
    自民党長野県連政治スクール「信州維新塾」を開講。初代塾長に就任。
10月、自民党SC文部科学副大臣に就任。
平成24年
10月、自民党政務調査会文部科学部会長に就任。
SC(シャドウ・キャビネット)文部科学大臣に就任。
11月30日、日本再生のため参議院議員を辞職。
12月16日、神奈川県第十六区選挙区にて衆議院議員選挙当選。
12月27日、文部科学大臣政務官に就任。
平成25年
10月、文部科学委員会理事・北朝鮮による拉致問題に関する特別委員会理事に就任。
12月、自民党教育再生実行本部副本部長に就任。
平成26年
4月、松蔭大学特任教授に就任。
9月、自民党副幹事長に就任。
10月、地方創生に関する特別委員会理事に就任。
12月14日、衆議院議員選挙2期目当選。
平成27年
1月、文部科学委員会筆頭理事・地方創生特別委員会委員に就任。
10月9日、文部科学副大臣に就任。
平成28年
8月5日、文部科学副大臣を留任。

出馬を思い悩んでいた私に、ある教え子がくれた言葉――。
「先生は、オレたちの夢なんだ。若者たちの声はまだ小さくて社会には届かない。
悲しいことだけど死ななければ報道もされないんだよ。
今、苦しんでいるオレたちにとって、本気で戦い続けてくれている先生は『希望』なんだ。
オレたちの声を届けて欲しい。変えて欲しい。そして、引っ張っていって欲しい。
若者と共にある政治家。そんな人は今までいなかったでしょ?
本当にオレたちがこれからの未来を創れるのだとするなら、先生はそれになって欲しい」
――心は固まった。
イジメ、不登校、未履修、親殺し、子殺し、育児放棄、そして自殺・・・
心を痛める悲しい出来事が次々に私たちに襲いかかる。
嘆きの声は日々、深刻になっているにも関わらず、一方、対策はいっこうに進まない。
今回の参院選は、本当に教育再生ができるのか、それとも若者たちを取り残したまま うやむやになってしまうのか、それを占う『未来に直結した選挙』である。
私は教育に救ってもらった存在の全てを今、教育再生に賭けることを決意した。
私は考えるだけの徒にはならない。
嘆くだけの徒にはならない。
諦めの徒にはならない。
傍観の徒にはならない。
夢は逃げていかない、
自分が夢から逃げていくのだ。
私は、立つ。