HOME > 義家への質問

義家への質問

できるだけ多くの方の質問にお答えしたいのですが、必ずしも皆様に回答ができませんので、あしからずご了承下さい。
下記の質問への回答は、抜粋してご紹介させていただいておりますが、プライバシー等の問題で下記に紹介を希望されない場合は、質問内容にその旨ご記入下さい。

ニックネーム

※必ずニックネームでご入力ください。
メールアドレス

※必ずご入力ください。
タイトル
質問内容
 

Q.【はじめまして】質問者:RY 2006/04/17

こんばんわ、いつもラジオ聞いています。今、吃音のことで悩んでいます。17年間どもりでいじめられました。どうしても治りません。どうしたらいいか教えてください。

A 義家弘介より
人の特徴を揚げ足を取るようにからかう人間は確かにいる。
なんて心の貧しい人間なんだって思う。
深呼吸しようぜ!
ゆっくり話そうぜ。
あわてる必要なんてない。
今、本当にすべきは、どもりを治すことよりも、自分の価値を見つけ、磨くこと。
それ価値の前では、どもりなんて無力だよ。
見つけよう。
磨こう。
今日から、それを意識しよう。
応援してる。

Q.【変わりたいけど自信が無い】質問者:けん 2006/04/17

先生始めまして。僕は今大学3年生です。

僕は今変わりたいです。

今まではずっと我慢してマジメにマジメにって生きてきました。
僕の家は薬局をやってるんですけど、そのせいか両親も祖母もみんなマジメな人で、僕も小さいころからマジメな子にいい子に育てられてました。
思春期になって今までは言えなかった不満とか疑問を親に色々ぶつけて、親父を殴ったりもしたんですけど、その時親ははっきりとしかってくれなかったし、曖昧に流されました。
それがきっかけで親が信じられなくなり、高校生になってからだんだん友達も信じられなくなりました。親とは、言いたいことはあるけどどうせ分かってもらわれへんから言わない曖昧な関係で、食事のときとか一緒にいてるだけで緊張でした。友達といるときは、本当は違うこと考えてるのに、不安やのに、いい子でいないとって考えてしまい、考えてることを口に出せずにうわべはニコニコしながら話題を合わせていて、どんどん逃げの方向に考えていって自分が信じられなくなっていきました。
周りの目ばっかり気にしてビクビクしていてかなり被害妄想もありました。人の暗いところに自分と共通点見つけて安心したり。自分だけちゃんと良い子してるのに、なんでみんなちゃんとせえへんのとか。ちゃんとしている自分は特別なんやって変なプライドがあったり。結局自分のことばっかり考えてる人間、先生の言葉でいったら自己保身でいっぱいいっぱいの人間でした。
そんな風に生きているうちに誰もにいい子でいるのが無理になってきて、大学2年のときに鬱になりました。それから色々どうしたらいいんやろうって考えました。

今までみたいにいい子になろう、器用にしようって思わへんから、不器用でいいから等身大の自分で一生懸命、楽しみながら生きていきたい!今までみたいにずっと自分にこだわった変なプライドを捨てたい!熱く生きたい!変わりたい!って思うんですけど自信がありません。自分の人生なんやって思えたのが20歳だなんて遅いですよね。

先生は味方になってくれますか?背中を押して下さい!

(今までのこと書きたいことを全部書いたら長文になってしまいました。先生みたいに自分にまっすぐな生き方にあこがれます!)

A 義家弘介より
『いい』『悪い』『器用』『不器用』…それは誰の心の中にもある一面。
大切なのは、概念に振り回されることではなく、すべて含めて『自分』であるということを、ありのままに認めることだって俺は思う。
そしてそれを認めたうえで、何を手に入れたいのかを見つけ、必死に手を伸ばすことだと思う。
必死に手を伸ばしたって、たいしたものなど手に入らない。
でも、
『成長』
というかけがえのないものが、必ず手に入る。
それを重ねながら前に進めばいい。
そうしたら、きっと今では思いもつかない『何か』がついてくる。
行こうぜ!
まだ知らない未来へ!

Q.【義家先生へ】質問者:みさき 2006/04/17

初めまして!!私ゎ高校3年のみさきです。
色々テレビで活躍しているのをいつも見ています。
私ゎ今日仮病で学校を休んでしまいました。学校に行きたくなくバスにいつも乗って行くのですが乗り過ごしたっと言って家に帰りました。ホントゎ間に合っていたんですが遠回りしたりぶらぶらしてました・・・
学校でいじめにあってるワケでもないのですが馴染めずにいます。’ときからの友達と離れてしまいクラスに友達がいなくてあともう’頑張ればイイんだと思いますがウチにゎ毎日がスゴイ長いんです。
いろんな人に相談すると後悔するからって言われその言葉を聞くたびに凄く心が痛くて苦しいんです・・・
親ゎ前からその学校ゎ良い学校じゃないし見学に来たときとか入れなきゃ良かったって思ってたらしいので辞めてもイイとゎ言ってくれてるのですが私ゎただの甘えなんでしょうか??
こんなどうしようもない私ですがお願いします・・・

A 義家弘介より
履歴書に『高校中退』の一文がつく。
それがどんなに重いことか、俺は身にしみて感じている。
必死に頑張っても、それは俺に重くのしかかる。同世代の人間の何十倍も努力して初めて声が誰かに届く。
みさきにはそんな思いをして欲しくない。
馴染めない…チャンスじゃないか!
自分を成長させる、新しい繋がりをつくるチャンスじゃないか!
強くなくていい。
弱いからこそ、その場所にいたら今日と同じように明日も苦しいからこそ、渾身の力を振り絞ってその先を目指すんだ。

笑顔を探す。

それがすべてだよ。
俺もみさきの笑顔を探している。

Q.【先生、いつも感謝しています】質問者:ゆか 2006/04/17

いつも先生から元気をもらっています。突然ですが、先生は急に悲しくなったりすることはありますか。わけもわからず、本当に突然・・・。私は今、毎日とても幸せに生きています。でも、ふっとなんともいえない気持ちになって、苦しくなります。原因はあるのでしょうが、その原因を考えるより、今自分ができることを一つ一つ積み重ねて「今日も頑張った」といえるように生きることを大切にしています。 私は以前はリストカットを繰り返して一歩も動けなかった人間です。そんな私が前に進もういう気持ちになれたのは、先生のおかげです。自分の弱さを隠さず、弱いからこそ一生懸命前に進もうとする先生からいつもたくさんのエネルギーをもらっています。 先生が余市で教師をされた最後の年の10月、先生は本当に苦しそうでした。日記から、なんともいえない先生のつらさが伝わり、不躾にも高校に手紙を出してしましました。すいませんでした。余市を去られた後の著書からも先生の苦しさを感じ、ずいぶん苦労されているなあ・・と思ってみています。 相談というより、先生に感謝のメールです。 先生は最近多くのメディアを通じてたくさんのメッセージを送ってくださいます。そのことに対して、批判的なことばもあるのではと想像します。しかし、その熱をからだいっぱいに感じて、もがきながらも一歩を踏み出そうとする人がたくさんいるはずです。どうか、これからもお体に気をつけて、がんばってくださいね。  私は現在は学童保育所で働いています。子どもたちの未来のために、一生懸命子どもに接することのできる大人でありたいと思う日々を過ごしています。

A 義家弘介より
俺もあなたと同じです。
子どもたちと接しているとき、本当に相手を思うとき、本気で相手と共感しようと思ったら、究極まで自分の心を『純化』させなきゃならない。それが、まっすぐ向かってくる彼らへの俺の責任だと思ってる。
でも、そうすると心が敏感になりすぎて、小さなことでもすぐに傷ついたりする。
一日が終わると、心がギザギザになっていることなんてしょっちゅう。
きっと子どもと向き合っているあなたも俺と同じなんだろうって思った。
でも、それってある意味、すごく幸せなことだよね。
あなたのような人がいることは、俺の勇気になります。
ありがとう。
一緒に頑張ろうな!

Q.【質問です。】質問者:まき 2006/04/17

先生こんちにわ!
まきです。
毎週ラジオを聞いています。
毎週メールも出しています。
昨日、先生にメールを出したら、
親に、そのうち迷惑メールになるよと言われました。
私は、メールを出すとまた明日から頑張って仕事しようと、
思えるので、毎週出してしまいます。
私のメールは、迷惑メールですか?
もう、メールを出すのをやめたほうがいいですか?
先生の意見を聞かせてください。
長くなって、すみませんでした。

A 義家弘介より
まったく迷惑じゃない。
すごく嬉しい。
番組が七十分しかなくて、紹介できないことも多いけど、いつだって目を通しています。
あの番組はきっと『クラス』なんだって思う。
だから、担任に遠慮することなんてないんだ。
メール、待ってるからな。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108