HOME > 義家への質問

義家への質問

できるだけ多くの方の質問にお答えしたいのですが、必ずしも皆様に回答ができませんので、あしからずご了承下さい。
下記の質問への回答は、抜粋してご紹介させていただいておりますが、プライバシー等の問題で下記に紹介を希望されない場合は、質問内容にその旨ご記入下さい。

ニックネーム

※必ずニックネームでご入力ください。
メールアドレス

※必ずご入力ください。
タイトル
質問内容
 

Q.【感情】質問者:唯南 2006/03/28

親に、「感情がないんだね。育て方、間違えたのかな」と言われました。親にそんなことを言われるなんて、とてもショックでした。嬉しいことがあれば笑う、悲しいことがあれば泣く、それが感情がある証だと思ってました。でも、親にそんなことを言われたら、感情って何?って思わずにはいられません。笑ったり、泣いたり、怒ったりすることが感情ではないのなら、感情ってなんですか?

A 義家弘介より
言葉って難しいよね。
あなたの思うとおりです。感情とは。
そのままであればいい。
胸を張って、泣いたり、怒ったり、笑ったりすればいい。
無理する必要なんてない。
そのままでいい。

Q.【私に一言ください】質問者:さや 2006/03/28

私は、4月から大学生になります。
大学生になるにつれて心配な事が多々あります。
それは友達の事です。私は過去にいじめられていた経験があり内気でなかなか人に話しかける事ができません。だからあまり中高時代もともだちがなく休日に遊びにいくことなどほとんどありませんでした。
でもそんな自分を変えたくて…
今入学式がだんだん近づいてきて不安で不安で恐いです。友達ができるかな。そして多くの友人を私は愛することができるのだろうか。
私は1人の友人しか愛せません。(愛するとは恋愛のことでありません。)昔から本当に信用できる友人しか友人といおもってこなかったし、自分の中で他の友人はうわべだけで器用に多くの友人を愛する事ができません。私が社交的でないせいか友達の範囲も狭く…こんな私ですが大学からは自分を変えて生きたいとおもうのです。先生がお忙しいのは百も承知です。でも今とても先生のメッセージがほしいです。

A 義家弘介より
自分を変えるとは、表面的に何かを変化させることじゃなく、少しでも自分を『成長させる』ことなんだって俺は思う。
成長させるために必要なことは、勇気を持って抵抗の中に身を置くこと。
あなたはそれをしようとしている。
臆する必要はない。
応援しています!

Q.【無題】質問者:ぴーちゃん★ 2006/03/28

今わたしが持つ悩みは誰にも向き合って貰えない。もうそれはわかった。わかったからもうしない。1人で考えて一人で解決するから。だから私のお願いを最後に1つだけ聞いて下さい。全国の人に一冊の本を紹介して欲しいです。もう読んだ人がいるかもしれないけど1人でも多くの人に読んで欲しい。

『あおぞら』すごく感動します。そして「生きよう」って強く思える本だと思います。

A 義家弘介より
一人ですべてを解決できるなら、少しは救われる。
でも、俺たちはそんなに強くは無いだろう。
小さな勇気をもらえる何かを求めて、今日も頑張ろうな。
それは本でも、人でも、なんでもいい。
それを見つけたあなたは前に進んでいる。
俺も読んでみます。

Q.【孤独】質問者:祐美 2006/03/27

 人なんて信じられない。あたしは今までの過去からずっとそう思ってきました。ずっと過去に悩まされてきました。
 誰にも言えず、自傷するようになりました。今もやめられずにいます。やめたいのにやめられずにいます。苦しいです。やめたいです。
 そんな中、「私を信じることからはじめてほしい。」と言ってくださった先生がいました。大学の教授で臨床心理士です。あたしも少しずつ心を開くようになりました。しかし、最近は様子がおかしいのです。私に対する態度がおかしいのです。私は見放されたような気がします。捨てられてしまったのだと思います。怖いです。
 やはり人は信じるものではないのでしょうか。信じるなんて考えてはいけないのでしょうか。

A 義家弘介より
すべての思いを重ねることなんて出来ない。
それは夫婦でも同じです。
でも、重ねようと願うことはできる。
それが出来る自分に成長しよう努力することは出来る。
誰もが、誰かのすべてを背負うことは出来ません。
あなただってそうでしょう?
信じるとは、その人と関わりたいという心の在りよう。
俺はただそれだけを願って今日も生きています。

Q.【疲れた・・・】質問者:詩織 2006/03/27

先生たすけて。。いい子でいることに疲れた。条件付の愛情なんか、もういらない。捨てられるぐらいなら、私からすべてを捨てたい。

A 義家弘介より
優しい人ほど、いい子である自分を守ろうとする。
そして、その先で壊れていく。
いい子である必要なんてない。
だってそもそも『いい』なんていう絶対的な価値はないのだから。
いい子であるよりも、必死な自分であればいい。
俺はいい先生であるよりも、一生懸命な教師でありたい。
そうだろう?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108