HOME > 義家への質問

義家への質問

できるだけ多くの方の質問にお答えしたいのですが、必ずしも皆様に回答ができませんので、あしからずご了承下さい。
下記の質問への回答は、抜粋してご紹介させていただいておりますが、プライバシー等の問題で下記に紹介を希望されない場合は、質問内容にその旨ご記入下さい。

ニックネーム

※必ずニックネームでご入力ください。
メールアドレス

※必ずご入力ください。
タイトル
質問内容
 

Q.【娘の相談について】質問者:団長 2006/03/23

はじめまして。
すいません。質問と言うより相談があります。
今年、高校へ入学する娘の親ですが、現在、遊び放題で、
しかも、親の言うことは一切聞かず、何を言っても無視。
帰ってこない日もあり、いい加減に「叩く」ことがあると「暴力」と
言い、何も解ってない状態です。
今後、最悪の状態になりそうで心配です。
詳細がわからない状態であると思いますが、どのようにしたらよいか?
アドバイスをお願いします。
また、直接でも相談したくお願いします。

A 義家弘介より
辛いですよね。
心配な心中、察します。
そんなとき、親は一体、何が出来るだろう?
たとえば、一つの提案です。
彼女の誕生日。
その日は夫婦で仕事を休み、朝からホームセンターに買出しに行って、色紙を買占め、リビングに精一杯の装飾を施す。
そして、夫婦一緒にケーキを作り、最高の料理を作り、いつ帰ってくるわからない娘の帰りを、『電気を付けず』真っ暗な部屋で待つ。ただ待っていても苦しいので、懐中電灯を片手に昔のアルバムを夫婦で見ながら、かわいかった娘の思い出に浸る。
そして真夜中…。
夜遊び娘が帰ってきたら、チャンスとばかりに電気を付け、クラッカーを鳴らしながら、満面の笑顔で娘に、

「誕生日おめでとう!生まれてきてくれて、ありがとう!」

きっと娘さんは、しばし唖然としながら、装飾された部屋やテーブルの上の料理眺めるだろう。そして、「あんたたち、なに考えてるの…」なんて捨て台詞を吐いて部屋に入ってしまうかも知れない。
でも、嬉しくない人間が果たしているだろうか…。
何も出来ないかもしれない。
でも、思いを伝えることは出来る。

春の来ない冬は決してありません。
共に大切な子供たちのために、必死に向き合っていきましょう。
まず、大人が元気であること。
すべてはそこから始まると思います。

Q.【先生へ】質問者:じゅり 2006/03/22

先生、どうかお願いです。私に気がついてください。私は17歳高校生です。でも今は海外に留学中です。私には夢があります。それは日本で外国人観光客の通訳ガイドをする事です。だから私は英語を勉強したくて今、家を離れて生活しています。中学を卒業して私は英語科のある学校を受験し、推薦で入学が決まりました。でもその学校は地元から電車で約1時間。だからすべてが1からでした。友達も。私はただみんなと同じで良いから、休み時間に話したり、放課後、街に遊びに行ったり、タダそんなありきたりな事でよかった。だから1人でも友達が欲しくて…最初はメチャクチャがんばった。一生懸命話しかけたり。もちろん英語の勉強も…だけど周りの子は授業をさっぼていたり、何かみんなに合わせないときっと嫌われるって怖くて、みんなに合わせるように、みんなの好きな曲を聴いてみんなと同じような服を着て、でもあるとき気がついいたんです。私は何をしてるんだろうって…居場所なんかなかった。それで学校に行かなくなって、でも私は夢をあきらめたくなくって通信に入学。もっと身近に英語を勉強したくて留学を決めました。あれから約1年、今、私はまた居場所がなくなってしまいました。みんなとっても親切だし、出来ないのは全部自分のせい。でも毎日みんなの顔色をうかがって、金魚のフンみたいに。生きてる理由なんてない。ただ毎日をなんとなく過ごしています。別に大きいものは望んでないんです。ただ毎日ちょっとでも心から笑っていたい。でもどうしていいかもうわかんない。本当はこっちの高校を卒業する予定だったけど、日本に帰ろうとおもっています。自分が壊れてしまいそうで、タダ寂しくて、毎日リストカットがとめられない。本当に分かんない。先生、私は生きていて良いのかな?自分自身が大嫌い。ごめんなさい。自分が全部ダメなだけなのに。先生忙しいのにごめんなさい。でも先生だけはこのままの私を認めて欲しい?生きてて良いんだよね?先生。こんな遠くから先生に私の声が届く事を祈っています。先生お願いです。

A 義家弘介より
あなたの声…届いていますよ。
不安な環境の中で、自分の足元が見えなくなったこと、俺も何度もある。
そんなとき俺は、ただ、すべてに耳を澄ますことにしている。そして次に、精一杯の思いを伝える努力をする。そして、自分の不安の原因を学ぶ。
すごく小さなことかもしれない。
でも、力なき俺にはそれしか出来ない。
そのままでいても、心は決して癒されない。
変えるべきは、環境ではなく、自分自身の心のありよう。

生きるとは、探すこと。
探している限り、あなたは正しい。
俺も傷つきながら、日々、心の行方を探している。
一緒に探そうぜ!
ちっぽけな笑顔を。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108