HOME > 義家への質問

義家への質問

できるだけ多くの方の質問にお答えしたいのですが、必ずしも皆様に回答ができませんので、あしからずご了承下さい。
下記の質問への回答は、抜粋してご紹介させていただいておりますが、プライバシー等の問題で下記に紹介を希望されない場合は、質問内容にその旨ご記入下さい。

ニックネーム

※必ずニックネームでご入力ください。
メールアドレス

※必ずご入力ください。
タイトル
質問内容
 

Q.【義家先生、お返事有り難うございます。】質問者:peki 2012/06/22

もし、可能であれば、私の通う大学を、一度見て頂きたいです。本当に、危険な状態です。講師も、学生の態度が悪すぎて、次々辞めて行きます。そして、喜怒哀楽のコントロールの出来ない、講師だけが、残り指導してます。看護大学は、学力だけでなく、優しく他者を思いやる ことが出来る人物を作る場であると思います。
今私たちの学校は、市内からの受け入れ病院さえ、拒否されて遠方の病院しか私たちを、実習で受け入れてもらえず、大変危機的な状態です。本当に困ってます。また、本学には不正に単位を、取った学生がいます。真面目に学校に来ている学生となぜ、同じ単位が取れるのかゆるせません。私達は、文部科学省から出席や、単位の取得は、厳しく祝日も無いことも有ります。これは、規定を破ることではないでしょうか。私達は、800万円近いお金を負担し、奨学金を受けているものは、15年間ローンで、支払います。私達は、先生方しかもう、相談できません。何か改善策は、ないのでしょうか。市外へ、実習に行くと宿泊費で半年で50万円は、掛かります。本当に困ってます。

A 義家弘介より
アップはしないので、学校名など詳細を教えてください。
調べてみます。

Q.【やっぱり…】質問者:みぃ 2012/06/22

義家は、若い子しか助けてくれないんだね。
まぁ、生きてても仕方ないし。
まだまだ先の長い若い子が大事なのは、当たり前。私39年生きたしもう十分。
さよなら
死にます

A 義家弘介より
この教室に年齢制限なんてない。
入室の条件は、求めていること。
明日を、希望を、笑顔を、支えを、存在意義を。
助ける、とかじゃないんだ。
俺も含め、みんなで支えあいながら、明日を探している場所なんだ。
みぃが求めているなら、何の遠慮もいらないんだ。
死は、誰にとっても喜びにはならない。
その意味を、多くの者たちのメッセージの中から感じてほしい。

生きよう。
だから、こうして俺たちは励ましあえるんだから。
だから、こうして嘆くことができるんだから。
だから、探すことができるんだから。

Q.【みんなに伝えたいです。】質問者:麻美 2012/06/22

義家先生、はじめまして。
私は、今24歳です。

今、「死にたい」と悩んでいるみんなに、聞いてほしくてメールします。

およそ1か月前の5月20日、私はかけがえない宝物の息子を亡くしました。
まだ、4歳でした。「脳腫瘍」という病気でした。
病気がわかったのは、一年前・・・まだ3歳の時でした。
まだ口も回らない息子が「頭が痛い」と何度も言って、病院に連れて行って、そのまま入院になりました。
たくさん、たくさん、痛い注射もして、大人でも辛い抗がん剤の治療をして、2回の手術もしました。
それでも「病気を治して、幼稚園の友達とまた遊びたい」と、最後まで一生懸命に戦ってくれました。
「余命半年」と言われながら、その倍の一年、生きてくれました。
最後の2カ月間は、痛みとの戦いでした。まだ小さいので、沢山の薬は使えないし、モルヒネを使うと、眠った状態になってしまうので、1か月間は鎮痛剤で頑張りました。
でも、鎮痛剤を最大量まで増やした、数日後・・・あまりの痛みに耐えられなくなり、「痛い、痛い」と泣き叫ぶようになり、最後には、たった4歳の子供が「痛いの我慢できないから、ママ殺して」と言いました。
そして、疼痛が始まった1か月後から、モルヒネの使用を開始し、安らかに1か月過ごしてくれました。
モルヒネを使用してから、意識が朦朧としていましたが、意識が戻ると、今までの思い出を沢山話してくれました。
パパと車のおもちゃで遊んだ事、ママと買い物に行ったこと、ママの作ったおやつが美味しかった事、家族でディズニーランドに遊びに行ったことなど・・・たくさん話してくれました。
そして、亡くなる前日に、奇跡的に目を開けて「ママ大好き」と最後に言ってくれました。
愛斗(息子「まなと」といいます)のその言葉が、私の宝物です。

代われるものなら、代わってあげたかった。
私の命を差し出して、愛斗が助かるのなら、喜んで差し出したかった。
もっともっと、たくさん抱きしめてあげたかった。
もっともっと、たくさんかわいい笑顔が見たかった。
もっともっと、いろんな所に遊びに行きたかった。
もっともっと、愛斗の成長する姿を見たかった。
反抗期とか迎えて、「うるせぇ、ばばぁ!」とか、言われてみたかった。
もっともっと、一緒に居たかった。
もっともっと・・・・

みんなに伝えたい。
辛い事たくさんあると思います。苦しいことたくさんあると思います。
生き辛いことたくさんあると思います。

でも、生きてください。
どんな生き方でもいいんです。
失敗したっていい。嘆いてもいい。迷ってもいい。泣いたって、怒ったって、落ち込んだっていいんです。
生きてさえいれば。
だから、どうか、どうか、生きてください。

息子が亡くなってから、1か月経って、この書き込みだってWordに保存しながら、少しずつ3日もかけて書いているのに、こんな簡単にしか書けないくらい、今、私はボロボロです。
「余命」なんて聞いたって、最後まで覚悟なんて出来ませんでした。
今も、書きながら涙が止まりません。

それでも、私がいつか寿命が来て、愛斗と再会した時に「ママはお前と同じくらい頑張って生きたよ」と、胸を張って愛斗に言えるように、精一杯生きていきます。

みんな・・・どうか生きてください。
どうか寿命をまっとうしてください。

義家先生、こんな書き込みをしてしまって、ごめんなさい。
でも、義家先生に伝えたかった。知ってほしかった。義家組のみんなに伝えたかった。
長くなりましたが、最後まで読んでくれて、ありがとうございました

A 義家弘介より
麻美…
本当は自分自身が崩れそうなのに、なのに、すべての生きることを嘆く者たちに、精一杯の震える心で寄せてくれたメッセージ…。

みんな、麻美のメッセージ、伝わるか?
伝わるよな?
伝わらなかったら、怒るぞ!

麻美、一緒に支えあいながら、少しでも胸を張れる明日に歩いて行こう。
すべてを背負いながら、でも、明日に向かって。

ありがとう。
そのすべてに、ありがとう。

Q.【いのち。】質問者:舞愛 2012/06/21

義家先生、そして、義家組の皆さん、初めまして。
舞愛(まい)といいます。
今回、どうしても先生と皆さんに聴いて欲しい事があり、メッセージさせていただきます。

とても大切な友達が居ます。
彼女は、妊娠していました。
3ヵ月。順調だった。

でも…訳あって産んであげる事ができなかった…。
つい3日前、この世に生を受ける事なく…旅立っていきました…。
彼女の大切な宝物、私にとっても、同じように宝物でした。
守ってあげたかった。
笑顔が見たかった。

…彼女は、自分を責めて責めて責めて責めて…汚い人間だと責めて…見ていられないくらい自分を責めています。
そんな彼女に、今の私が出来る事は、変わらずそばに居る事。
そっと心に寄り添ってあげる事。
それしか出来ない自分がもどかしいけど、今苦しいのは彼女だから。

…何が言いたいのかというと、いのちを旅立たせるという事がどんな事なのか。
今、それをしようと思っているあなた。
これほどまでに苦しむ人が、絶対に居るんだよ。
私は、彼女と同じ思いをする人がいて欲しくない。

大切な宝物を手放した方の人間がどんなに辛いのか、知ってください。
私は身近で見ていて、嫌という程それを感じました。

みんなみんな、宝物。
みんな、誰かの宝物。

…書きながら涙が止まりません。
でも…彼女の前では笑っています。
今までと変わらず、笑ってそばに居ると決めたから。

…どうか、生きて。
この世に生を受けたのだから。誰かの宝物として、あなたは存在してるんだよ。



そして、光を見る事なく旅立った、あの子の宝物へ。

愛してるよ。
いつか、笑って逢おうね。

A 義家弘介より
舞愛、ありがとう。

俺も0歳で両親が離婚し、父親方で祖父母に育ててもらった。
思春期の頃、俺はいつも思ってた。
自分は望まれて生まれてきた人間じゃない、って。
寂しい子供だった。

生きたくとも、生きられない人がいる。
夢を追いたくとも、追うことができない人がいる。
たくさんの悲しみと出会い、たくさんの傷を負った。

だからこそ、俺は決意した。
自ら望んで生きていこう。
全ての試練を、真正面から受け止めよう。
苦しみ、傷つく、置き去りにされてしまっている者たちをこの手で守りたい。
それが出来るなら、それだけで、生きる意味があると信じながら。

舞愛の芯のある温もりのメッセージは、この胸の中にある少年時代の自分をも温めてくれた。
ありがとう、舞愛。
君も、俺たちの宝物です。

Q.【読んでくれた?】質問者:ゆい 2012/06/21

昨日もそんなかんじだった。
義家先生としおり先生って今でも連絡とってるのかな…
気付いてほしい。。。。

A 義家弘介より
先生と、連絡、取れたよ。
大丈夫、俺たちがついてるから。
だから安心して頼って下さい。

すぐに先生の所にいきなさい。
力を合わせてお前を守るから。

先生、一緒に支えましょう。
こんな場所で再開できたこと誇りに思います。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108