HOME > 義家への質問

義家への質問

できるだけ多くの方の質問にお答えしたいのですが、必ずしも皆様に回答ができませんので、あしからずご了承下さい。
下記の質問への回答は、抜粋してご紹介させていただいておりますが、プライバシー等の問題で下記に紹介を希望されない場合は、質問内容にその旨ご記入下さい。

ニックネーム

※必ずニックネームでご入力ください。
メールアドレス

※必ずご入力ください。
タイトル
質問内容
 

Q.【はるかちゃんへ】質問者:ちゃみ 2012/06/15

義家先生、国会が大変な中、いつも子供たちの思いを受け止めてくれてありがとうございます。
このページを読んでいると、涙が出てきます。
そして、そんなみんなの思いが、私の頑張る原動力にもなっています。

昨日、メールを寄せていたはるかちゃんへ、メッセージを送りたいです。

はるかちゃん、あなたの義家先生への思い、今の苦しみ、受け止めました。
受け止めた上で、今、ちゃみは、はるかちゃんに生きてほしい。と強く思っています。

前に、義家先生にメールしたときに書きましたが、私は子供と関わるボランティアの活動をしています。私と出会ってくれた子供たちの中にも、今のはるかちゃんと同じように、苦しんでいる仲間がたくさんいます。そして、私と活動を一緒にしている仲間の中にも、そういう悲しい経験を持った仲間がたくさんいますし、私もその中の一人です。

そして、今一緒に活動している仲間の中には、学校の先生をしている人もいます。
学校の先生を目指している大学生もいます。教育に関わっている人たちが沢山います。
私も、いじめを受けていた頃、先生がまったく助けてくれなくて、学校の先生なんて大嫌いでした。でもね、こうして人と繋がる活動をしている中で、大人になってから、ある小学校の先生と出会いました。今でもどうしてかわかりません。でも、その先生に私は、小中学校の時のイジメの経験の事を話したんです。その日に初めて会った、その先生に。
そしたら、その先生・・・みんなで楽しく話しているその席で、ボロボロ涙を流して聞いてくれました。そして「ちゃみは、絶対に悪くない。俺は、絶対にちゃみのような思いを生徒にさせない!ちゃみ、もう安心していいよ」って言ってくれました。
私は学校の先生に対する見方が少し変わりました。「みんながみんな、見て見ぬふりをするような先生じゃないんだな」って。そして、義家先生を知ったこともあり、学校の先生が好きになりかけています。
はるかちゃんの学校の先生のような、先生ばかりじゃないんです。
この世の中には、義家先生や、ちゃみの出会った人たちのような、心のある大人が沢山います。まだ、出会えていないだけです。求めれば、探せば、これから出会うことができます。はるかちゃんも、探したから、義家先生と出会えて、今回、思いを伝えるという行動を起こしたから、義家先生と繋がることできたんです。
だから、今、歯を食いしばって、もう少し「生きる」選択をして、まずは、一番近くに存在している人・・・両親に、その思いを話してみませんか?

そして、私も、いつかはるかちゃんに会いたいです。
最後に、もう一度言います。
私は、はるかちゃんに生きていてほしい。
そしていつか、はるかちゃんの笑顔に会いたいです。

A 義家弘介より
ちゃみ、ありがとう。
そう、未来には無数の出会いが広がっている。
もちろん、人間社会の汚い側面を垣間見ることも多い。
でも、自分の視線次第で、必死に頑張っている人たちを見つけ、そして心を分かち合うことが出来る。
そして、その中で自分がまた成長していく。
だから、もっと先まで歩いて行ける。

はるか、ちゃみの声が、聞こえるか?

Q.【義家先生、ありがとう。】質問者:はるか 2012/06/14

私は、1週間後に学校の屋上から飛び降ります。
もう、決めたんです。

誕生日の6月21日に死ぬことに決めました。
1週間という時間の中で、自分の思い残したことをやろうと思っての考えです。
その中のひとつとして、義家先生にメールを送りました。
今まで、私を生かしてくれたのは、義家先生の存在だったから。

私は、今中学3年生です。
小学校、中学校・・・ずっといじめられてきました。
毎日、男子が私を思い出すたびに「死ね」とコールされてきました。
暴力も受けてきました。
お金も取られてきました。
私の顔がキモいから、生きているだけで男子に罰金を払わなきゃいけないんだって。
学校の先生たちは、私がいじめられてるってわかったら、私に関わってこなくなった。
話しかけても無視されるようになった。そして、いじめている人たちには、ニコニコして、話しかけたりしてる。
親には・・・言ってない。仕事が忙しくて毎日真夜中に帰ってくるし、大変そうだし。
なによりも、私に興味がない。

義家先生のラジオで、たくさん勇気もらった。
義家先生の本、日記、このページでたくさん勇気もらった。
だから、今まで生きてこれた。
義家先生、ありがとう。
それだけを伝えたかったんです。
私の感謝の思いだけが伝われば、それでいいです。
だから、返事もいりません。
その分、「生きたい」って思って、悩んでいる人に義家先生の言葉を伝えてあげてください。

本当は、義家先生に会いたかった。
それは、今もそう思ってる。
先生なら、私の存在を否定しないで、話を聞いてくれそうだから。
もう、叶えられないけど、それが私の夢でした。

義家先生、ありがとう。
ありがとう。さようなら。

A 義家弘介より
はるか、ダメだ。
絶対にダメだ。
生きるんだ。

はるかが受けてきた数々の屈辱は犯罪だ。
そして、それを放置する教師も加害者だ。
まずは、親に話し、そして、俺も加わるから、一緒に戦おう。

かけがえのないその光を暗闇の中で消してしまわないでほしい。
今は学校なんか行かなくてもいい。
親と一緒に、いや、親が理解してくれなかったなら、一人ででも俺に会いに来い!

はるかはひとりなんかじゃない。
『今まで』じゃなく、『これから』なんだ!
これから始まるんだ!

連絡待ってるからな!

Q.【以前相談したものです】質問者:さくママ 2012/06/14

随分前ですが、私の子供が中学生でイジメに合っている事で相談しました。
いっぱい一杯の日々で、もしや私達の方がおかしいのだろうか?と悩む日々でしたが、先生の「それはイジメである」とのコメントにやっぱり、と戦えました。

今日はその後をご報告します。
子供は、中1、中2と戦ったおかげで中学3年生からはイジメが無くなりました。
それでも高校生になる不安を隠せず、親としては悶々とした日々でした。
現在、高校1年生です。
なんと、今までが嘘だったように晴れやかな学校生活を送っています。学校も、先生も、クラスメイトも皆素晴らしく、「学校はパラダイスだ!」と言う言葉をいつも聞けるようになりました。
さりげなく受け止めていますが、私の心の中は感激で涙がこぼれそうです。
中学では部活も全て辞めてしまいましたが、今は空手や文化部も掛け持ちで頑張り、毎日が充実して明るい笑顔です。

ここに相談する子供達は、きっと現在の悩みが多く、困っているのでしょう。中には親御さんに話せない子供もいるようですね。
でも、きっときっと、あなた方を理解して受入れてくれる人が身近にいますよ。そんなに遠くを見る必要は無い様な気がします。
義家先生だって、皆を見守っています。
私の子供も、辛い時期を乗り越ええました。勿論、今でも中学時代を思い出すのは嫌だと言いますが、後できっと「ここにいて良かった!」と言う瞬間が来る事を疑わないで下さい。

そして先生、この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

A 義家弘介より
今、暗闇の中で震えているみんな。
でも、この世の中は、みんなを見捨てる大人たちばかりじゃないんだ。
強く、そして、やさしく見守ってくれている、戦ってくれる、こんな大人もいるんだ。
苦しみの中で小さな勇気を集め、未来に進んでいる仲間もいる。
だから、だから、明日を決して諦めるな。

さくママさん、嬉しい便り、優しいメッセージありがとうございます。
またエネルギーになりました。
決して諦めず、どんなに傷つこうとも、傷つき、涙する者たちを守るために戦っていきます。


Q.【はるかちゃんへ】質問者:まみ 2012/06/14

義家先生、中学の頃、いじめでラジオに相談していたまみです。

はるかちゃん、絶対にダメです!!
お願いだから、やめてください。

気持ちだけが先走って、何を書いていいのかわからない・・・。
でも、それくらい私は、はるかちゃんに生きてほしいって思ってる。

私も、小学5年から中学2年までイジメに遭っていて、義家先生に相談して、イジメと戦ったんです。
義家先生は知っているけれど(覚えているかわかんないけど)、私も一度死のうとしたことがあります。だから、死ぬ覚悟がどれほど大きくて、その考えに至るまでの気持ちがどんな状態だったのかは、わかっているつもりです。

すごい覚悟が必要で、私は結局踏み切れませんでした。
自分に関わっているすべての人たちを裏切ることになるし、自分のやりたいって思っている事や、会いたいって思っている人に会うこと、すべてをあきらめなきゃいけなくなるし。
だから、私にはできませんでした。そこまでの勇気も覚悟もなかったから。
でも、そんな勇気も覚悟もなかった私・・・イジメと戦う事は出来ました。
義家先生やお母さん、義家組のみんな、沢山の人に助けてもらいながらだったけど、戦う事はできました。
だから、そんな覚悟を持てるくらいの勇気をもっているはるかちゃんは、絶対に戦えると思います。
一人で戦うことはできません。経験者の私が断言します。一人では、絶対に無理です。
だから、まずは、親に伝えてください。
言葉なんて選んだりしなくていいから、ただ今、学校で自分におこっている事実を話すだけでいいから、親に伝えてください。
大丈夫。はるかちゃんは一人じゃないから。
義家先生も、私も、ここに集う義家組のみんなも、はるかちゃんの味方です。
そうやって、支えてもらったら、私も親に伝える事ができました。
だから、はるかちゃんもきっと出来ます。

そして、6月21日。はるかちゃんの誕生日に、私は、はるかちゃんに「お誕生日おめでとう!!」って言いたい。「生まれてきてくれてありがとう」って、「出会ってくれてありがとう」って伝えたい。

「決めました」って言ってる、はるかちゃんのメールから「生きたい」って聞こえてくるんです。「誰か助けて!!」って聞こえてくる。
大丈夫。はるかちゃんは一人じゃないです。
だから、みんなで一緒に戦いましょう。
私も、自分が出来る精一杯で応援します。だから、どうか一緒に戦ってください。

はるかちゃん、どうか生きてください。
そして、一人で全てをあきらめてしまう前に、それだけ苦しんでいる事を、教えてくれてありがとう。

義家先生ほどではないけれど、私のこの小さな熱が、はるかちゃんの心に届きますように・・・

A 義家弘介より
まみ、ありがとう。
まみは、ずっと自分と戦い続けた。
そして、今も戦い続けている。
成長した先で、震えていたまみは、温もりを自分から放出するようになった。
俺の誇りです。

はるかの誕生日に、「お誕生日おめでとう」って伝えたい、そんなまみの声、はるか、聞こえるか?

お前は一人ではない。

Q.【生きる事が辛いなら】質問者:トム 2012/06/13

義家先生お忙しい中、弱者に配慮して頂きありがとうございます。最近自殺願望がある学生さんが多いですね。僕もいじめられていたので気持ちは少しだけどわかると思います。高校中退に追い込まれた時、僕も死のうと思った事があります。でも自殺したらどうなるかというのを考えました。「いじめた奴らがほくそ笑むだけだけだ」最終的に考えはそういう所に達しました。僕は大検という道を選びました。自殺する前に嫌になるまで勉強しました。毎日10時間以上勉強したのを覚えています。すると17歳で大検全部合格しました。さゆみさんの相談の時「何とか関西大学2部に合格しました」と書きましたが、本当は1部合格するくらいの偏差値にまでもっていきました。確か森山直太郎さんが歌っておられたCMで、「生きていくのが辛いなら嫌になるまで生きればいい」というのを聞いた事があります。間違っていたらすいません。この曲を聞いた時病院の待合室で「病気治ったらまたやり直そう」と思えました。小学校時代のいじめ、中学時代のクラブの顧問の暴力、高校時代に袋叩きされた事、今でも夢に出てきます。でもそいう奴らが僕より幸せかと考えたらこの世の中わかりませんね。実際小学校の時いじめてきた奴は高校の先輩にいじめられ中退したと聞きました。自殺を考えている仲間に言いたい「本当に自殺することで良いのか?やり残したことないか?まだ見たことない世界覗いた事あるか?」そう考えたら違う人生歩む事にチャレンジしてみたいと思うよ。僕は大学まで中退しました。今もカウンセリングを受けたり、心療内科に通院したりしています。主治医に「悪い事ばかり思い出したらダメ、マイペースに持ち込みなさい」と言われました。この言葉10代の時聞いても無駄だと思いましたが、36歳の僕には良いアドバイスに聞こえます。義家先生に相談されるのは10代の人が多いと思います。自殺する前に自分が20代30代になったらどんな人間になるだろうという事を想像して下さいそうすれば、働いてる自分、もう一度勉強してる自分、ひょっとしたら彼氏彼女が出来ていて幸せになってる自分、将来は解りませんよ。10代は学校と家のじぶんしか見えてないと思います。でも僕みたいに36歳になったおじさんは色んな事みてきましたよ。大検時代の友達は今も連絡取り合ってます。その友達とは「10代は暗黒の時代やったね」と語りあってます。もう一度言います20代、30代になったらどうなるか想像して下さい。

A 義家弘介より
トム、いつも優しいアドバイス、ありがとう。
トムの優しさは、苦しみを乗り越えたからこそなんだよな…といつも感じる。

俺も十代の頃、こんな未来があるなんて夢にも思わなかったし、俺にとっても十代は底なしの暗闇が広がった時期だった。
でも、あの頃と違って、今は無数の光を見つけることができるし、それを守ろうと体を張ることができる。
傷つくことはあの頃と同じ、いや、それ以上かもしれないけど、でも、あの頃よりずっと幸せだ。

そう、みんな。
答えなんてすぐには出ない。
俺だってまだ、そんなものにたどり着いていないんだ。
でも、一つだけ分かっていることは、今の状況が苦しいものなら、その先にしか『納得いく答え』はないっていうこと。
過去は消えない。
でも、未来は自分自身で、信じる者たたちと共に作っていける。

ありがとう、トム。
今日も必死に頑張るよ。
未来を守るために。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108