HOME > 義家への質問

義家への質問

できるだけ多くの方の質問にお答えしたいのですが、必ずしも皆様に回答ができませんので、あしからずご了承下さい。
下記の質問への回答は、抜粋してご紹介させていただいておりますが、プライバシー等の問題で下記に紹介を希望されない場合は、質問内容にその旨ご記入下さい。

ニックネーム

※必ずニックネームでご入力ください。
メールアドレス

※必ずご入力ください。
タイトル
質問内容
 

Q.【せんせい…】質問者:みゆき 2011/10/02

先生、就職試験落ちちゃった…。親にどうしようもない奴って、怒られた…。リスカなんかやって気が緩んでるからだって…。最近、過呼吸によくなるんだけど、それも弱いからだって言われた。お父さん、仕事してないのに最近色んな事言われるし、もうたえられない…。昔、暴行受けた事も最近よく思いだしてしまうの…。学校でも相変わらず毎日しんどい…。4月から社会人なのに、こんなんでどうしよう…。先生、アドバイス下さい。

A 義家弘介より
人は何のために仕事をするんだろう。

生活のため?
社会的に認知されるため?
お小遣いを手にするため?
夢のため?

理由は人それぞれだと思う。
でも、いずれにしても、全ての前提は『生きる』ということ。
リストカット…苦しい気持ちはわかる。
でも、その傷が増えることは、就職からますます遠くなることに間違いないだろう。

いいか、誰かと比べて悲観する必要はない。
みゆきは、誰かではなく、みゆきなんだから。

お前の輝きを伝えるのが就職試験だ。
それを取り戻せ!
顎を上げて、相手をしっかりと見つめて。

応援しているぞ!

Q.【生きててもいいんですか?】質問者:めい 2011/09/29

大好きだった彼と別れました。

私は小6から中2までいじめにあっていました。クラス全員から無視され、全員に囲まれ悪口を言われたり、修学旅行の自由行動も1人ぼっちでした。親友だと思っていた子から「死ねばいいのに」とメールで言われたり、面と向かって言われたりもしました。でも学校を休むと休んでいる間にまた陰口を言われるのかなぁと思い、それが嫌で毎日熱があっても学校へ通い続けました。

親を悲しませたくなくて、親にも誰にも言えませんでした。「修学旅行では○○ちゃんとこんなこともあったんだよ」と嘘の思い出を作って話したり、夜家族が寝静まってから泣いたりしていました。

地元の進学校である高校に入学し、頑張ろうと思いました。でも別の中学から来た全く知らない人に「めいちゃんだー」「めいちゃんが廊下通ったよ」と言われたり、「めいちゃんどれ?」と教室まで押しかけられたりと、男性が怖くなってしまいました。学校に行くのが怖くなり、過呼吸で倒れたりもしました。学校も何日も休みました。

だけど高3になって、1歳下の彼と付き合うようになりました。彼とは保育園からずっと一緒で部活も一緒でした。男性が近くにいると震えが止まらなくなってしまう時期もありましたが、何かある度に彼が守ってくれ、温かい言葉をかけてくれ、心の底から大好きになりました。

たくさん笑って泣いて、いろんな所に遊びに行って、私は2年間毎日幸せでした。でも些細な喧嘩をきっかけに別れを告げられました。「面倒くさい、うざい、きもい、頼むから消えてくれ、死んでくれ、ぶっ殺したい」と言われました。

いじめも何もかも先生が見てきたものとは比べ物にならないくらい小さいものだと分かっています。でも私には本当に辛かったんです。小6の頃から何度も何度も死のうと思いました。でも死ぬ勇気がありませんでした。

でももう生きていくのも辛いです。いろんな人に「死ね」と言われて、生きる希望を与えてくれた1番大切だった人にも「死んでくれ」と言われて、私はどうしたらいいんですか?私は生きていちゃいけないんですか?

生きる意味が分からなく、毎日がとても辛いです。もっと辛い目に会った方たちが大勢いるのは分かっています。でももう限界なんです。いつも「死んだ方がいいのかな?」という思いがあります。

先生、私は生きててもいいんですか?
生きる意味ってなんですか?

助けてください。

A 義家弘介より
別れって、目の前の全てが壊れたように感じるくらい、辛いものだよな。
ましてや、相手に心を許していたならなおさら。
俺も、そんな別れをたくさん、たくさん、経験しながら、今を生きているよ。

でもさ、めい、そこで「生きていても仕方がない」なんてうつむいていたら、せっかく過去を乗り越えようと必死に生きてきた輝きが、誰にも届かなくなっちまうんだよ。

俺にはどんな思いを吐露してもいい。
でも、たとえ心が震えていても、胸を張って、たった一つでいい、今、めいにとって没頭できる物事と向き合ってみて欲しい。

その時、めいが放ってきた輝きは、まだ出会っていない誰かにきっと届くから。
俺のことを、めいがこうして見つけてくれたように。

報告してください。

Q.【無力な自分】質問者:チエ 2011/09/29

ここ最近、大事な物を落としたり…失敗したり…思い通りにいかなくてイライラしたり…鬱病で家ではほとんど寝てばっかりの母にイライラしたり…寝ている母を見て苛立って母に当たったり…何か…しんどいというか…何もやる気がしなくて…頭の中は、戻ってこない落とした物のことを考えたり…戻れない過去のことを考えたり…自分の中で苛立っている。それでも、やらなちゃいけないこと、家のこと、仕事のことがあって…家のこと、仕事のこと、全てのことを投げ出したい…楽になるんだろうなぁ…でも、そんなことしたって…楽にはなるとは思うけど、幸せにはなれないんだろうなぁ…と思い、また頑張る。でも、また同じ繰り返しで…何か…全てを壊してしまいたい…何もかも嫌になって…何も乗り越えられない自分自身が嫌になって…でも、どっかで今の現状を乗り越えたい!何とかしたい!と思っている自分自身もいて…でも、身体がしんどくて…どうしたらいいのか分からなくて…どうしようもないこの気持ちを誰かに聞いて欲しくて…迷惑だと思いながらも義家先生にメールしました。
原因は、いろいろとあるけど…たぶん、大事な物を落としたことかなぁ…落としたことで誰かに迷惑かけないか?不安で…だから、毎日同じ道を通っている時は、奇跡でもいいから見つからないか?と探し続けている自分自身がいて…何か諦めきれなくて…あの時の行動を後悔して引きずって…
今のままだと、また誰かに迷惑かけそうで…不安になって…
気分転換しようと思っても何の気力もなくて…ちょっとでも安心できるものが欲しくて…お疲れだと思いますが、こんな自分にちょっとでもいいから安心できるような言葉をくれませんか?こんな弱音を言えるのは、ここしかないから。迷惑なことだと思いますが、すみませんが、よろしくお願いします。

A 義家弘介より
実は俺も同じなんだよ、チエ。
フッとした瞬間、いつもチエが寄せてくれたような思いを抱き、もがいている。
そんなことをいったいどれだけ続けてきたか。
そして、これからもきっと続いていくんだろう。

だから、昨日までではなく、明日を見つめたいって必死に手を伸ばしながら今日を生きているんだ。
決して届きやしない。
でも、何もしない今日よりも、それはずっと幸福なことだから。

行こうぜ。
少しでも不安じゃない、明日を手に入れるために。

Q.【もうだめです】質問者:綾乃 2011/09/29

先生、お久しぶりです。
やっぱり、私は無理。
ごめんなさい。

やっぱり私は変わらない。
変われない。
がんばろうって決めたのに、できない。
結局楽な方に進みたいって考えちゃう。
逃げたくないのに
生きるなら少しでも楽な方に。
それでも嫌で。
生きるより楽なほう、死ぬほうも考える。
どうしてこんなに弱いんだろうって思うけど、
どうしようもできない。
私は生きてちゃいけないんだよ。
そんなの分かってる。
でも、こわい。
死ぬの怖くて、生きていくのもいやで
どうしたらいいのか分からない。
自分を傷つけてもなにも変わらない。
そう分かってるからできない。
もうやらないって先生と約束したから。
そう思うんだけど、どうしても考えちゃう。
やったら楽になれるかな、逃げたいって。
もうこんな私、死んじゃえばいいのにね。
生きていたくないけど、その前に生きてちゃいけないんだよ。
どうやったら死ねるの?
どうやって逃げればいいの?

こうやって助け求めてるってことは、本当は生きたいのかな?
そんなことないのに。
でも誰かに助け求めないとやっていけない。
もう自分が本当はどうしたいのか分からないよ。
苦しくて苦しくてしょうがない。
早く死にたい。

支離滅裂な文でごめんなさい。
先生、忙しくて頑張ってるの分かってるけど、私のこと見捨てないで。
お願い、助けて。

A 義家弘介より
見捨てるわけないだろう?
ならば、こんなところで必死に戦ってたしないよ。

俺たちの人生は小回りの効くボートじゃない。
ゆっくりと海原を航海する船みたいなもの。
だから、簡単には方角を変えられない。
でも、心が行きたい方向にしっかりと向いていたら、必ず、希望へと近づいてい。

俺は見捨てない。
そしてピンチの時、綾乃は俺を思い出す。
だからこうして繋がっているんだろ?

ゆっくりでいい。
今は見えない安らぎの港は、綾乃の目線のその先に必ずあるから。

Q.【なんで】質問者:まりあ 2011/09/28

先生お久しぶりです。
昨年の1月父が会社を辞めました(半ばリストラみたいです)。会社を友人と起こすからといって半年以上が過ぎました。再来年は妹の大学受験です、父は妹に国立に行けと言います、妹は勉強はしているのですが成績も伸びずとても国立に入れそうもありません。でも浪人する余裕もないと思います。母が毎週つけている家計簿をみると胸が痛みます、母が前よりもパートに行く日数が増えているのがとてもかなしい。足しにもならないバイト代を少し入れようかと考えましたが母は受け取ってくれませんでした。どうしても妹に国立に行ってほしいとあたしも思います。でもそれは妹の大きな負担だと思う、あたしもなんでわかんないのと妹につらく当たってしまう。もういやです。毎月1回笑いながらハローワークに行く父が嫌。なんで?疑問ばっか。でもね会社に行ってた頃よりも柔らかくなった父をみるともう一回会社勤めしてよって言えない。家にいても八方ふさがりで苦しくてバイト先とか彼氏のところにいる、彼氏にも話はしたけどながされて終わって不信感が募っただけでした。それにそうやって自分一人の時間がないと苦しくなってどうしようもなくなるやっぱりどこにいてっも八方ふさがりだよ、昔は好きじゃなかった家族旅行に行きたい、休日に父の行きたい場所にいやいやだけどついてったころに戻りたい。あたし、先生みたいになりたくて、場所は違うけど養護施設で働こうと思ってた、だから保育士資格と社会福祉の免許取るのに頑張ってた、でもね社会福祉はあきらめる。受からなくて就職できないのが恐いんだ弱虫でしょ、もう分んないどうしたらいいのかなあたしができることは何なんだろう教えてください先生。

A 義家弘介より
『出来ること』の一つとして、まりあは、こうして俺に思いを打ち明けてくれただろう?
人生って、誰にとっても思うようにはいかないものなんだ。
俺だってそう。
いつも不安の中にいる。
でも、不安から逃げようとするけど、逃げれば逃げるほど、それは大きくなって襲ってくる。
だから、俺はそれをやめたんだ。

不安から逃げるくらいなら、今、手に入れることができる小さな『安心』を必死に集めようと。

俺は、あきらめない。
たとえ、苦しみもがく日々が続こうとも、俺は、俺の信じる未来を、そして、みんなの未来を諦めない。
まりあの未来を諦めない。

俺が諦めてないんだから、まりあも簡単に諦めんなよ。
信じよう。
俺たちはまだ、先に進んでいけるのだから。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108