HOME > 義家への質問

義家への質問

できるだけ多くの方の質問にお答えしたいのですが、必ずしも皆様に回答ができませんので、あしからずご了承下さい。
下記の質問への回答は、抜粋してご紹介させていただいておりますが、プライバシー等の問題で下記に紹介を希望されない場合は、質問内容にその旨ご記入下さい。

ニックネーム

※必ずニックネームでご入力ください。
メールアドレス

※必ずご入力ください。
タイトル
質問内容
 

Q.【『覚悟』】質問者:チエ 2010/07/26

義家先生、おはようございます。

今週は、私にとって「覚悟」を決める時です。
『家族』どんな家族だって、例え過去に苦しい思い出しかなくても、家族を見捨てることなんて出来ない。子供の頃、子供なりに何とかしようと、家族に気を遣って、自分の気持ちを心にしまい込んきた。その結果…何も変わらなかった。ただ、「後悔」だけが残った。だから、もう後悔しないように、不安で怖いけど、家族としっかり向き合って、家族に自分の気持ちをしっかり伝えようと思う。
『家族』過去の思い出。どんな苦しい思い出でも捨てることなんて出来ない。でも、思い切って捨てなければ何も変わらない。家の片付けとともに、心の片付けをしていきたい。物を捨てる勇気と、過去をしっかり受け止めて捨てる勇気を下さい。

今週も頑張ります。

A 義家弘介より
過去は荷物のように降ろしてしまったり、処分してしまったりなんて出来ない。
だから俺たちは、その全てを担ってもなお、歩き続けることが出来る自分になるために、成長しなければならない。
俺にも悲しみと後悔の過去がある。
一時期の俺はそれから必死に逃げようとしたけど、でも、逃げられるわけなどなかった。
だから今もそれを背負っている。
でも、あの頃より早く歩けるようになった。
それは楽になったから、じゃなく、それを忘れないが故に今を大切に生きるようになったから、だと思う。
過去より、あの時から先、が長くなったことも理由かな?

覚悟は、何かを捨てることに注ぐのではなく、何かを作ることに注ごう。
何を作る?
さあ、始めよう。
今より少しでも笑顔で入れるように。

Q.【わが子を通学させたくない】質問者:ワカメ 2010/07/26

先生、はじめまして。

私は2歳の息子を持つ28歳の母です。

大げさなタイトルで
投稿いたします。

私は、テレビ、新聞、インターネット
から教育現場の不祥事等がいつも
流れているのを見ると、
やるせなくなります。

自分自身も、小中高大となんとか
通学して卒業しました。
その間、やはり大変なことや、
おかしいなと思うこと。
憤りを感じること。
辛いこと、たくさんありました。

全く問題をなくすことは無理だと
思いますが・・・。

それにしても、
イジメ問題や教員の不祥事、
教育業界の体質のあり方がひどすぎるの
ではないでしょうか。

そんな気持ちを夫(48歳)に相談すると
「馬鹿なこと言うんじゃない。」
と一蹴されるだけです。

子供に教育を受けさせることは
親としての義務ですし、
その義務を全うに果たしたいと
真剣に思う一方で、
将来、子供を学校に預けることに
強く抵抗と恐怖を感じます。

やっぱり私が神経質になりすぎなんでしょうか。
でも、先生のこのHPの中にある
イジメの被害に遭っている方の投稿を
拝読すると、「ああ。やっぱり」と
思ってしまいます。

A 義家弘介より
昨今の不祥事、本当に心を痛めるものばかりです。
でも、学校には本当に一生懸命子供たちと関わっている先生方もたくさんいます。
いや、むしろ、そんな先生たちが圧倒的に多いのです。

学校とは、子供を『丸投げ』する場所ではありません。
教師と保護者、そして子供たちがその場所を共有しながら営まれる場所です。
教育界の体質のあり方とは、私自身、全面対決をしていますが、その目的は、不信から、ではなく、子供たちにとってしっかりとした場所を作りたい、守りたい、と思っているからです。
わが子も小学校に通っています。
これから先、いろいろな事があるでしょう。
私の子供ということで、言われなき理不尽が彼に襲うこともあるかもしれません。
でも、私は彼を学校に通学させます。
彼に問題点があるならば、まずは先生ではなく、私が責任を持って向き合います。
彼がイジメの渦中に置かれるなら、私は体を張って彼を守ります。
我々親が、子供に対して明確に全うしなければならない責任は、『成長』への責任です。
そして成長とは多くの者たちに囲まれ、多様な価値観に触れあいながら、自分というものを社会的に確立していく過程を意味するのではないでしょうか。
教育には、『希望』がある。
そこに、子供たちがいる限り、『希望』はあり続ける。
そして、その『希望』を守ることこそ、我々の責務です。
一緒に教育の希望を探しましょう。
絶望と向き合いながら、でも、そんな絶望を放置するわけにはいかないから、だからこそ、力を合わせて希望を探しましょう!

Q.【長女の事】質問者:まー 2010/05/18

長女の事についてです。長女は13歳、中学2年生になりました。少し周りとは少し違った子供で、小学校高学年の頃から孤立するようになりました。
本当は本人が相談できればと思ったのですが、自宅にPCが無いので私が外から書き込んでいます。

中学生になった頃から学校へ行きたくないとは言っていましたが、2年生になってクラスで完全に孤立するようになり、本人も参っています。明らかにイジメと見えるような事は表立っては行われず、例えば給食時にグループを作る時、本人だけ机をくっつけてもらえない、つけると引き離される、クラスの中心核になっている男女から影で「うざい」と言われる事があります。
今体育祭の練習もしていますが、リレー時にも前後のクラスメイトが何も話してくれず、バトンタッチが上手く行かない、話しかけても完全にスルーする、などがありどうしてよいか分からないようです。
先生は良い方ではあるのですが、子供達の心の中で行われている様な感じで、表面立って見えにくい事からピンと来られないようです。
趣味などの傾向が今の子供たちとは違う為、そう言う話が出来ない事も大きいかと思います。

今の所、母親の私には辛い心のうちを話してくれますし、学校は休もうとはしません。その辺はとても強い子だとは思いますが、見ていてこちらの心が痛みます。
親として今、私に何が出来るか。
解決はすぐ無い事は百も承知ですが、子供の心が少しでも明るくなればと模索しています。良い知恵があれば、お貸し下さい。

A 義家弘介より
ご心配、痛いほど伝わります。
明らかにイジメと見えるような事は表立っては行われていない、とおっしゃいますが、それは違います。

・グループを作るとき、本人だけ机をくっつけてもらえない
・つけると引き離される
・クラスの中心メンバーから「うざい」と言われる
・話しかけても無視する

これらは、完全にイジメです。
そして、これらの事を放置すると、それがさらに深刻な事態となっていくものです。

『子供中心主義』
なんて言葉がありますが、教師は教育者として、クラスの指導者として、「ならぬものは、ならぬ」としっかりと教える責任があります。
その責任を果たせないならば、どんなに性格がよくても、教師としては『失格』と言わざるを得ません。

まず、お母さんは、娘さんに、あなたは「イジメ」の渦中にある、ということを認めてあげる必要があると思います。
親に話している『苦しい現状』は、ごくごく一部の場合が多くあります。
それらすべてを、一人で抱え込むのではなく、せめて信頼する親に打ち明けることができるという環境を整えてあげることが大切だと思います。
そして、学校にも、この状況を話さねばなりません。
この状況を知って、にもかかわらず「これはイジメとは言えない」と担任が言うならば、事は極めて深刻です。
学年主任なり、教頭、校長なりに、担任への指導を要求しなければならないでしょう。

何よりも大切なのは、娘さんに、「お母さんは最大の味方だよ」という確信と安心を与えてあげることだと思います。

思春期の子供たちのクラスではいろいろなことが起こります。
そして、それに対してどのように向き合うか、許されることと、許されないこと、やるべきこと、やってはならないこと、それを教えることが『教育』なのです。
勉強を教えることだけが教育ではないのです。

イジメは、解決を待っていたら、必ず深刻になります。
解決するために行動する。
それなくして、子供たちの心は守ることはできません。
一緒に頑張りましょうね。

Q.【分かってください!】質問者:つくし 2010/05/18

先生はいじめってどう思いますか?
僕は毎日いじめにあっています。
集団で押さえつけられてダーツのようにコンパスを投げつけられたり、ある朝学校に行ったら僕の机が運動場にありました。
やってる方は冗談のつもりなんですけど、やられる方は大変です。
コンパスは幸い刺さらずに、それからはされませんでしたけど、今後を考えると怖くて溜まりません。
集団で取り囲まれて「ボクシング」と言って殴り合いをさせられます。
殴り合いといっても、殴り返したら集団がどう出るのか怖くて日々やりかえさずに耐えています。
先生は冗談や遊びと思ってるみたいで特に注意も無く、
「遊びだよな?」
と言われて、
「そうです!」
と言うしかない自分だからSOSもきっと伝わっていないはず。
親は・・・、母子家庭だから母に心配掛けたくなくて日々「大丈夫!」なんて笑って学校に行ってます。
もう、自分ではどうしようもない限界まで来ています。
無抵抗である僕が悪いのでしょうか?
僕はみんなから嫌われる存在なのでしょうか?
義家先生は、強いからこんな気持ち、分かりませんよね?
無抵抗が弱い人間の最大の防御であるって事、分かりませんよね?

A 義家弘介より
つくしが今、教室で受けているさまざまなことは『イジメ』ではなく、完全な『犯罪』だ。
もし、街で、あるいは一般の職場で同じことが起こったらどうする?
必ず警察が介入し、処罰されるだろう。
そして、そんな状況を『遊び』と解釈する教師は、はっきりいって失格だ。

集団で押さえつけて、ダーツのようにコンパスを投げる。
それを『遊び』と解釈する人間なんて少なくとも一般社会ではいないだろう。

母子家庭だから親に心配かけたくない、と、つくしはいう。
つくしの優しさや思いは分かるよ。
でも、今、こんな状況の中にいたら、やがて、つくしは立っていられなくなるだろう。
そのとき、きっとお母さんは自分を責めると思わないか?
「どうして、これまで、分かってあげられなかったんだ」って。
俺なら、きっと、そうなるだろう。

抵抗とは、相手の犯罪的行為に対して、力で対抗する事じゃない。
防御とは、ただ暴力を受け続けることではない。
強い、弱い、ではなく、つくしは『絶対に許されない行為』の被害にあっているんだ。
だから、まずは、こうして勇気を持って俺に打ち明けてくれたように、本当にお母さんを大切に思うなら、一人で抱え続けて限界を超えてしまう前に、打ち明けてほしい。
そして、その解決を早急に図らなければ、誰にとってもマイナスの結果しか出ないだろう。

喜んで力になるから。
強さが必要なのではなく、勇気が必要なんだ。
自分の心を守る勇気が必要なんだ。

連絡待っています。

Q.【何度もごめんなさい】質問者:みゆき 2010/05/11

過去に友達に裏切られだまされて性的暴行をうけました。それから、人を信じるのが怖くなりました。今も、担任が男性なのですか、面談などでふたりで話したりする時に、パニックになってしまいます。早く、トラウマを克服したいです。ですが、頭で思っていても、男性や人と話したりすると何故か、パニックになったりして、なかなか克服できません。しかも、そんな自分が嫌で自傷してしまいます。


トラウマが克服できなかったり、自傷してしまうのはただ、私が弱いだけなのでしょうか?

強くなりたいです。
もう、過去の事をいつまでも引きずっている自分が嫌で仕方ありません。どうすればいいでしょうか??

アドバイスもらえると嬉しいです。何回も質問ごめんなさい。

A 義家弘介より
傷が魔法のように消えるなんてことはない。
そして、俺たちは魔法使いではない。

男とか女とかじゃなく、みゆきは今、まっとうな人と関係を深めることが大事だと思う。

はっきり言うけど、みゆきをだました奴も、性的暴行という犯罪行為を企てたやつも、クズです。
まともじゃない。話にもならない奴らです。
でも、そんな奴ばかりじゃない。

今、みゆきには、強さが必要なんじゃないんだ。
正しいことは正しい、間違っていることは間違っている、守るものは守る。
そうはっきり言える『人』が必要なんだ。

その一人として俺を見てくれるなら、俺は喜んでみゆきと向き合う。そして、その幅をどんどん増やしていこうな。
やがて、その傷が、みゆきが誰かと寄り添う時の優しさになれるように。
俺はそうやっていきてきた。
すべての傷を背負いながら、今日も生きてる。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108