HOME > 義家への質問

義家への質問

できるだけ多くの方の質問にお答えしたいのですが、必ずしも皆様に回答ができませんので、あしからずご了承下さい。
下記の質問への回答は、抜粋してご紹介させていただいておりますが、プライバシー等の問題で下記に紹介を希望されない場合は、質問内容にその旨ご記入下さい。

ニックネーム

※必ずニックネームでご入力ください。
メールアドレス

※必ずご入力ください。
タイトル
質問内容
 

Q.【先生、ありがとう】質問者:綾乃 2009/12/31

こんばんは。

今日で、今年も終わりですね。
今年は、とっても早くて充実していました。

一番の出来事は、なんといっても高校を卒業したこと。
6年間当たり前のように一緒にいたメンバーと離れたことは今でもすごく悲しい。
でも、みんな1人1人がそれぞれ違う道で頑張っているから、私もがんばらなくちゃって思える。

でも、やっぱりさみしいし取り残されている感じがある。
私だけ前に進んでないのかもって思っちゃう。

大学生になって、リストカットはしてない。
9か月も切ってない。
でも、切りたい。
切って楽になりたい。
切ると自分の存在を感じられるんだ。
痛みを感じることによって、嫌いな自分をいじめて生きているって感じていた。
やっぱり、そんなのおかしいのかな?
切っちゃいけないのかな?

先生のおかげで今年も生きてこれた。
先生のおかげで年を越せる。
ありがとう。
そして、来年もよろしくお願いします。

A 義家弘介より
新年、明けましておめでとう。
環境の変化は人をとても不安にさせる。
でも、その中でしか、新しい自分は生まれない。
だから俺たちはいつも、もがき苦しんでいるんだよな。

今年は『切って楽になる』という考えから、『バンソウコウ』になって守るという考えを持ってみないか。
そのバンソウコウは、綾乃と同じように苦しみもがき、でも前に進もうとする人々の温もりの道しるべにきっとなるから。

今年も一緒に頑張ろう!

Q.【2009年2010年】質問者:チエ 2009/12/31

2009年もあと1時間を切った。何か一年って早いような感じがする。
今年一年を振り返って…今年も何も変わらない。同じ繰り返しをしてきたように感じる。それは、「何もしてこなかった」「何も出来なかった」『後悔』だけが残る。でも、自分の心の中だけは熱く気持ちが強くなった。義家先生は覚えているか分からないけど、一年前に送った生まれ変わりたいというメール。あれから…言葉のことが問題か分からないけど、3月で学童の契約を切られた。1、2ヵ月ぐらいは何も考えられなくてただ悔しくて泣いた。そして…一枚の紙を見て、9月にまた違う学童に登録して、10月下旬から月2、3回ぐらいだけど、子ども達と関わっている。ウチは、寂しがり屋だから人と関わることをやめられない。子どもの時の後悔・想いがあるから同じように独りで苦しんでいる子ども達の傍にいてあげたいと思う。そして…2010年はいろんな子ども達や人達に自分から会いに行こうと思う。まだ、自分のこと、言葉のことを言うのはコワイけど…でも、もう後悔はしたくないから。みんなに会いに行く。いろんな人との出会いを求めて。

義家先生、2009年ありがとうございました。そして、2010年もよろしくお願いします。

A 義家弘介より
新年、明けましておめでとう。
頑張っているチエのこと、忘れてなんかいないよ。
人は出会いによって変わる。
どんな出会いであっても、それを受け止めた時、それまで感じなかったさまざまなものを考えるきっかけになる。
後悔、コンプレックス、繰り返し…でも、それもまた、新しい自分への出会いだととらえて、だから、どう生きるのか、を探し続けような。

今年も一緒に頑張ろう!

Q.【先生・・・】質問者:蓮 2009/12/30

先生が言いたいことわかってるよ・・・
探したいよ
強くなりたい

でも、怖いんだ・・・

信じてた人から裏切られて・・・
何人もの人を信じたよ
だけどね、みんなに裏切られた・・・

信じてたのに・・・
みんな、いじめる方に回った
学校の先生も、うちの話なんて聞いてくれない
話しても、「お前が悪いんだ」とか言われて・・・

親に言っても、「お前がわるい」「嘘を言うな」「お前なんて、産まれてこなくてよかった」とか言われて・・・
殴られたり、蹴られたり、言葉だったり・・・
家でも学校でも、殴られたり、殴られたり・・・

うち、生まれてこなければよかったんだ・・・

居場所も、安心できる場所もない・・・
探しても、うちの周りにはなかった・・・

泣くこともできなくなって・・・
リストカットして・・・

もう、疲れたよ
死にたい

先生、助けて・・・

もう、先生しかいないよ・・・

本当はね、今も先生を信じるのが怖い・・・
学校、家、みんなうちを捨てたんだ・・・

先生は、うちを見捨てない?
こんな、馬鹿でマヌケで駄目なうちを・・・



きっと、見捨てるよね
みんなそうだったから・・・

A 義家弘介より
イジメは絶対的に、イジメた者が悪い。
それぞれに理由があったとして、でも、だからと言って、人の心に生涯消えない傷を残すことの罪は消えない。

もし、蓮に問題があったとして、俺がそれと向き合った時、俺はきっと怒るだろう。
でも、その怒りは、蓮に対してではなく、あくまでも、その『問題』に対してだ。
その上で断言する。

イジメは絶対に許されない。

自己中心的な者は言う。
「お前が悪い」
俺は思う。
「お前は悪くはないのか」

愚か者は言う。
「嘘を言うな」
俺は思う。
「お前こそ、大事なことを誤魔化していないか」

投げやりな者は言う。
「お前なんて産まれてこなければよかった」
俺は思う。
「お前は、産まれてきてよかったのか?だったらそんな言葉を発する前に助けろ」

言葉で伝えられない愚か者は、殴ったり蹴ったりする。
俺は思う。
俺はそうやって少年時代を過ごした。
でも、何もかも失った。
お前はすべてを失う覚悟があるのか?と。

なぜ、みんな裏切るのか?
そんな、『なぜ』を積み重ねても、蓮は救われなかっただろ?
『だから』、どうするんだよ。
リストカットすることが、『だから』の一つだとして、ならば、その先で何があるんだ?
あるのは傷ついていく自分だけじゃないか。
それじゃ、今を乗り越えるための『だから』の意味がないじゃないか。

だから、どうするのか。
具体的には、小さな笑顔にたどりつくためにどうするのか。
それを探し続ける限り、俺はお前のそばにいるよ。



Q.【お返事お願いします】質問者:! 2009/12/30

先生…お返事だけでもいいのでお願いします。毎日、本当に怖いっていうか不安… 生きてるだけで精一杯… これから私は何を目指して生きていけばいい?治らない病気と戦ってそれで終わり… 私は先生にコメントをして貰う事も許されないの? せめて先生の返事は一言でいいから貰いたい。一生のお願いです。

A 義家弘介より
いいか、俺に『一生のお願い』なんてするんじゃない。
お前の一生はそんなに軽くはない。
俺なんかには、いつだってお願い出来るだろ?
俺は、例えば今、国会議員なんてやっていて、だからなんとなく遠くにいってしまったように一部の人が勝手に思っている。
でも、俺はあの頃と同じように、『ここにいる』んだよ。
ただ、苦しみ迷う人々が、新しい第一歩を踏み出せる、その仕組み(法)を作れるのは、唯一の立法機関である国会だけだから、だからその世界に身を置いているだけなんだ。

俺も怖いことだらけだよ。
特に、『社会』というものに、メッセージを発するようになってから…。
顔が見えない言葉に日々さらされる。
悪意や、思惑の渦に巻き込まれそうになる。
怖いよ。
でも、怖がってたら、何もできない、そうだろ?
怖がって逃げてたら、こんな俺に期待してくれる人たちに出会うことさえできない。
だから俺はここにいる。
それだけなんだ。

目指す目印が見えないなら。、自分を笑顔をそれにすればいい。
それ以上に価値のあるものなんて、ないだろう。
問題は、そのために何をすればいいか、ってことだ。
あと27時間で今年は終わるな。
なら、その時間で、今までできなかった小さなことをしてみようぜ。
それはだいそれたことじゃなくていい。
例えば、平成21年、親に「ありがとう」っていえてなかったとしたら、それを伝えてみる。
例えば、平成21年、自分に「頑張ったね」って言えてなかったとしたら、それを伝えてみる、そして小さなプレゼントを自分にあげてみる。
それだけで、昨日までとは少しだけ違うだろ?

いいか、俺はどこにもいかない。
いや、どこにも行けないんだ。
教育に人生を捧げたあの日から、俺はこの場所にいる。
それが俺の試みのすべてなんだ。

俺には、『小さな一瞬のお願い』でいい。
その先で、一生を賭けても守りたい誰かのために、何かのために一生のお願いをしようぜ!

あと一日と三時間。
一緒にこの時代を生きような!

Q.【自分、両親の幸せ】質問者:あみ 2009/12/30

先生こんにちは。私は、私立高校に通っている高校二年生の女です。

いよいよ来年からは、進路について考えなくてはならなくなりました。
そして、今の私の悩みは今後の進路です。

私の母は、看護の専門学校へ進めといってきます。
しかし、私は看護についてそこまで興味もなく、だからと言って自分が
やりたい事があるわけでもありません。

けど、就職して、早く両親を楽にしてあげたいんです。
毎月の高い授業料を両親が祖父母に頭を下げてお金を借り、なんとか遣り繰りして
くれている姿、給料明細を見てため息をついている母、体調が悪くてもそんな顔色
ひとつみせずに働いてくれる父…
その姿を見ていると今の私にはとても進学という言葉を言うことはできません。

先生、私どうしたらいいですか?親を苦しませてまでも進学をするべきなのか
反対を押し切り、親を楽させるために就職するべきなのか。
どちらを選択すれば、良いと思いますか?どちらを選択したら、自分も親も
幸せになれますか?

こんなことを相談できる人が周りにはいないので先生にSOSを出しました。
先生…私に助けをください。こんな弱い私に助けをください…

A 義家弘介より
親にとっての幸せってなんだろう。
それは我が子が輝きながら生きてくれること。
あみ、親にとってそれ以上の幸せはないんよ。

進学も就職も、近未来に自分の足で輝きながらこの時代を生きていくための手段にしか過ぎない。
その意味では、輝きが手に入るなら、それはどちらでもいい。
今、あみが考えるべきは、進学するか、就職するか、ではなく、未来にどんな自分として生きたいのか、だよ。
その自分が見えたなら、答えはそのあとついてくる。

両親の苦労をまっすぐに受け止めているあみ。
この年越しは、今度は『両親の苦労』ではなく、『両親の思い』を受け止めてみないか?
そして、自分のモヤモヤしている思いもまた、伝えてみないか?
今年一年の感謝とともに。

あみは親の労苦に感謝している。
でも、あみ、知っておいてほしい。
俺たち親は、いつだって我が子に感謝しているってことを。


「生まれてきてくれて、ありがとう」

俺は息子を眺めながら、いつだってそう思っている。
少なくとも、いつか彼の夢のために俺が必死になるのは、苦しみではなく、喜びです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108