HOME > 義家への質問

義家への質問

できるだけ多くの方の質問にお答えしたいのですが、必ずしも皆様に回答ができませんので、あしからずご了承下さい。
下記の質問への回答は、抜粋してご紹介させていただいておりますが、プライバシー等の問題で下記に紹介を希望されない場合は、質問内容にその旨ご記入下さい。

ニックネーム

※必ずニックネームでご入力ください。
メールアドレス

※必ずご入力ください。
タイトル
質問内容
 

Q.【義家先生へ…】質問者:あすみ 2009/12/01

私は今通信制高校に通う高校生です…
中学一年生でいじめにあいそれ以来高校を中退し通信制高校に通い…
うつ病です…
たまに外に出たと思ったらサイトで会った人とボランティア援交です…
毎日死にたくて不安です腕切ります…
今すぐ消えたいです…
生きてる意味ってなんですか?
疲れたんです…

A 義家弘介より
『生きている』ということを実感するためには、自分を必要としてくれている人がいる、そう感じることが大切。
苦しいときは、俺もそうだけど、内へ内へと思考が向かってしまう。でも、その結果は…もう知ってるよな。

小さな関心を外に向かって広げよう。
このコーナーに思いを寄せてくれたことを第一歩にして、さ。
ただ、ネットの世界は外であって外でない、ということも忘れないで欲しい。なぜなら、多くのそれは『匿名の世界』だからだ。

確かな外への関心。
それが第一歩だ。

あ、俺は匿名じゃないから外だぞ!
実名で本心で人生もさらしてここにいるんだから。

意味とは、何かを手にした後に、そっとかみしめるものなんだ。
闇を知っているからこそ、光のまぶしさを知る。
でも、ずっと闇の中にいたら、まぶしさに過敏になって、光の前で瞼を閉じてしまう。
だから、今、外に向かって一歩を踏み出そう。
俺は光じゃない。
でも、確かな熱としてあすみを応援しているからな!

Q.【義家先生へ】質問者:あんず 2009/11/25

私は通信制の高校に在学している3年です。
2年前に、全日制の高校から、精神的ストレスで体調が悪く、高校に通えないという理由で、通信制の高校へ転校しました。
今、就職先を探しているのですが、就職が決まりません。
私は今までアルバイトをしたことがなく、家でレポートと母の代わりに家事全般をやってきました。
人と接することが怖く、アルバイトすらしようという勇気もなく、このままの自分ではいけないと思ってるのですが、行動に移せません。
新卒の求人は数えるほどしかなく、学校側は何もしてくれないので、ハローワークの人に相談にのってもらっているのですが、人と接することが苦痛と担当の人に言ったら困った顔をされました。
とりあえず製造の仕事を探してますが、自分は就職するのに不利な部分が多いと承知しています。
自分を会社にアピールできるようなところなどなく、どうやって、会社側に働きたいという気持ちを伝えればいいのかもわかりません。
面接官から、我が社に就職してもストレスですぐ辞めてしまう可能性があると判断されても仕方ないです。
毎日毎日言葉を探しています。



こんな私ですが、義家先生の言葉がほしいです。

A 義家弘介より
すべての道は、一歩から。

今、あんずに必要なのは、小さな自信を集めることだと思う。
一足飛びに、大海に出ることよりも、そのための経験を重ねること。
スクーリングで友人はできたか?
学校の事務局や先生方とはコミュニケーションをしているか?
おしゃれをしてるか?
感動する物語に触れているか?
それを重ねることは、自分を探すということでもある。

言葉を探すよりも、心のよりどころを探す。
よりどころとは安心できる場所。
安心できる場所とは小さな自信が重なる場所。

今日は天気がいいよな。
ちょっといつもよりおしゃれして、出かけてみよう。
きっと、あんずの目に、いろいろな人や物事が映るから。

そこから始めよう。
人と比べるのではなく、今の自分とこれからの自分を比べる。
今日よりも先に進んでいたら、それはきっと正しいことなんだ。
俺はそうやって今日を生きている。

Q.【はじめまして】質問者:滋 2009/11/10

僕は今18歳で高校三年生の生活を送っています。
二年生の2学期あたりから不登校になり、自傷行為を繰り返したりしていました。
今では大きな悩みはありませんが、
ちょっとした悩みで登校ができません。
卒業に関わる残り日数が4日になってしまいました。
進路はもう決まっていて、その分、プレシャーがあって押し潰されそうです。
このまま卒業できなかったら親や高校だけでなく、
大学までにも迷惑を掛けてしまいます。
卒業まであと51日頑張るために義家さん、アドバイスをお願いします。

A 義家弘介より
まずは、「今日一日」頑張ること。
その積み重ねが、未来へと繋がっていく。
俺はこれまで、たくさんの「あと少し」で卒業できたのに、できなかった生徒たちを見送ってきた。
全員…悔いてた。

もちろん、俺たちはたくさんの悔いとともに今日を生きてる。
だから、せめて悔いのない今日を願いながら踏ん張ってる。

あと四日、じゃなく、まだ四日もチャンスが残されてる。
誰のためでもなく、これからの自分の小さな自信のために、立ちあがろうぜ!
 
不安は俺たちから勇気を奪う。
でも、小さな自信は俺たちに勇気をくれる。
それを手にするために、俺たちは困難と向き合ってるんだ。

俺もまだ見ぬ不安な未来に向かって、小さな自信を勇気に変えながら歩いてる。

Q.【こんばんは】質問者:ゆう 2009/09/27

私は今19歳で去年高校を卒業しました。
私は母子家庭で、私の母は私が中3の時から鬱です。精神的にダメで、薬を大量に飲んだり、リスカしたりしていました。
自分の母が目の前で手首を切っている所も見たことがあります。すごく辛くて辛くて…毎日のように救急車をよんだりして…なんかすごく毎日がこわかったです。
止めることしかできなくで、
何を言ってあげたらいいのかもわからなくて
自分が何もしてやれない虚しさやでいっぱいでした。
親子だからこそ言いたいこと言い合いたいときもあります。
でも親子なのに言いたいことが言えません。
私は我慢していました。ちょっとでもキツいこととかを言ったら母を傷つけてまた母が自傷行為を繰り返したらと思うと
ビクビクして言葉を選んでいました。たぶんそれは今も変わらないです。

私は義家先生が余市にまだいればできれば北星学園に行きたかったです。先生と話がしたかった。
正直この辛さから、この現実から逃げたかったのもありました。とにかくその時は母から離れたかった…色んな学校や就職できる所を必死で探していました。でも結局母を見捨てることなんて私にはできなくて、
高校も地元で卒業しました。

今の母は働けてはいないけど
リスカや薬を大量に飲んだりしなくなりました。
一番辛かった頃より今の方が全然いい状態だと思います。
でも何かをする気になれないみたいで…

このままぐだぐだ行けば昔も今も結局変わらないんじゃない?この人はずっとこのままこーやって生きていくのかな?
結局自分は何もできてないってマイナスに思ってしまいます。母を昔みたいに明るい人戻したいのに。
でももーどうしたらいいのか本当に分かりません。
どうしたらいい?って義家先生に聞きたいわけじゃないけど
こんなこと言える人がなかなかいないので何か励ましの言葉をくれると嬉しいです。
頑張れるような気がします。
義家先生みたいな先生が近くにいたら良かったのになぁーって思います。
長くて暗い話で本当ごめんなさい(>_<)

A 義家弘介より
子供のころ、与えられた環境を俺たちは選べない。
でも、未来の環境は、今日の積み重ねの先で、自分で選ぶことができる。
闇を知らないものは、光の本当の眩しさを知らない。
絶望を知らないものは、集めたら震えが止まる、そんな温もりの場所を知らない。
お母さんが元気になる一番の方法は、ゆうが輝いて生きていることじゃないだろうか。
小さな笑顔に励まされ、小さなしぐさに力を貰う。疲れ果て、ボロボロになったとき、俺は安らかに寝ている自分の息子の存在にいつも救われながら眠りに就くんだ。
ゆうに今できるのは、輝くこと。
輝くとは、自分の可能性の芽を探し、見つけ、水やりをすること。今日から一緒に始めような。

Q.【義家先生へ】質問者:まみ 2009/09/27

先生。お久しぶりです。
2006年のことだったので、もう3年前になります。
学校でクラスの男子全員からイジメを受けていて、ラジオに相談したまみです。
覚えていますか?

先生、まみは高校2年生になりました。
思い切って、高校から地元を離れて、今は早く起きてしまったので、寮のPCルームです。

高校での生活は、担任の先生、クラスメートにも恵まれて、1年生の時から楽しい毎日を送っています。
今は、ホームルーム長もやっています。

それでも、色々大変な事もあったし、ストレスでパニックになって、入院もしてしまいました。
でも、今はもう大丈夫です。

そして・・・・
今は、恋もしました。。。というか、彼氏が出来ました!!

先生は覚えているかな?
中2の夏休み、転校前に勇気を出し切って参加したボランティアキャンプ。。。
あの時に知り合った、リーダーさんとこっちで奇跡的に再会して、今付き合っています。

「学生ってこんなに楽しかったんだ!」
っていうのが、正直な感想です。
あの時、願っていた「普通の女子学生」を今全力で楽しんでいます。

義家先生、本当にアリガトウございました。
あの時、先生に相談していなかったら。。。
あの時、死を選んでいたら。。。
考えただけでも怖いです。
それくらい幸せです。

男子の事も、担任の先生のことも、恨んでいません。
でも、あの時経験した痛みや、苦しみ、悲しみは絶対に忘れません。
宝物として、大切にしています。

今、前に宣言したように、「小学校の先生」を目指して、必死に頑張っています。
その夢を叶えたら、先生に思いっきり、「自分の生徒自慢」をしたいです(笑)

義家先生、本当にありがとうございました。
先生も忙しいと思うけれど、身体に気をつけて頑張って下さい。
同じ空の下、まみも精一杯頑張って戦い続けています。
一緒に頑張りましょう!!

A 義家弘介より
お前の近況報告、まみを心配していた多くの人々が、希望を感じるだろう。
俺も…同じだ。

未来は不確かなもの。
でも、確かな今の悲しみよりも、希望はある。
それを守ること。
ひとりで守れないなら、力を合わせて守る。
それが俺たちがこうしてつながっている理由。
そうだよな。

ありがとう、まみ。
また、な!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108