HOME > 義家への質問

義家への質問

できるだけ多くの方の質問にお答えしたいのですが、必ずしも皆様に回答ができませんので、あしからずご了承下さい。
下記の質問への回答は、抜粋してご紹介させていただいておりますが、プライバシー等の問題で下記に紹介を希望されない場合は、質問内容にその旨ご記入下さい。

ニックネーム

※必ずニックネームでご入力ください。
メールアドレス

※必ずご入力ください。
タイトル
質問内容
 

Q.【どうしてますか】質問者:ゆか 2008/04/10

義家先生は昔の辛い経験を思い出した時、どうしていますか?

私はふとした時に思いだしてしまって、悪いほうにばっかり考えてしまいます。

過去は忘れたくても忘れられないし、特に辛い経験は忘れられません。

A 義家弘介より
俺も、それを忘れたことは一度もないよ。
でも、そんな時は、
「だからこれからどうしていくのか」
それを必死に考えながら今日まで生きてきた。

過去は消えなくても、
未来なら創れるから。

その未来が、少しでも安らかなものになるように、俺は今日を生きている。

Q.【わからない・・・】質問者:ごま 2008/04/10

小さい頃から傷付いて、大人になって裏切られて、愛を知らない大人がいます。

私はその人を愛しています。

でも、その人の殻を壊せません。心で「助けて!助けて!」と叫んでいるのが聞こえます。大きく手を広げ待っているけど、飛び込んで来てはくれず地獄の中でもがいています。
私はどうしたらいいのでしょう?何ができるのでしょう?

「愛を知らない」子供も大人もいない世の中を切望します。

A 義家弘介より
誰かの心の扉を強引に解き放つことなんて出来ない。
心の扉のノブは、内側にしかついていないんだ。
でも、ノックならできる。
温もりのノックを続けることなら出来る。
俺はいつも、大切に思える相手の扉にノックしている。
やがて、そのノックに気づいてくれ、扉が開くことを信じて。

Q.【どうすればいいの?】質問者:とみ 2008/04/10

僕は、中学三年生の時、急に先生や親がむかついて反抗ばかりしてました。その時は、友達がいたから乗り越えられたけど、ずっと遊んでばかりいたから志望校におちて、今は友達もいなくて席に座るだけの学校生活になってしまいました。部活をしたりもっと友達とはなしたりしたかったけど本当に何をしてるのか、何をしたいのかがわからなくなりました。先生もあいつは、ほっとけばいいだろう見たいな感じでくらすの人気者としかからまないし、何かいつもいって登校するだけの生活です。しにたいです。助けてください。生きていて何がいいのか、生きがいってなに?何かほんとにまじめにやってる自分にはらがたつし人がきらいになりました。学校やめたいです

A 義家弘介より
思いだそう!
友達とは、はじめからいたのではなく、育んだということ。

生きがいや、生の実感がない。

俺自身、それを感じたこと、たくさんあったし、今も迷う。

でも、ならば、探せばいい。

与えられるのを持つのはもうやめよう。
一緒に探しに行こうぜ。
探しているなら、俺たちは仲間だ。
一緒に頑張ろうぜ!

Q.【恩師と信じること…】質問者:かおり 2008/04/09

義家先生…私は今日、高校に入学したよ。
本当は高校なんて行く気なかった…経済的理由
と過去のこと色々有ったから怖かったから
高校は諦めてた…担任はどんな人かみんなは、
私のこと見てどう思うか怖かった
小学生5年生からイジメにあって先生に助けを求めても私を助けてくれなかった6年生になっても
変わらなかった居場所が無かった…嫌なのに交換ノートを担任とやらされて…そこでも私は助けを求めたでも助けてくれなかった
それ以来私は男の先生が駄目になった。
中学上がって再スタートしようと私は頑張った
でも何も変わらない担任は女の先生で助けを求めたケド何も解決してないだから中2に成るとき
転校したでも…駄目だった…
死のうとした…でも神様は死なせてくれなかった…タバコも吸ったでも誰もいづいてくれない
だから私…唯一信じれた先生に打ち明けたの
タバコ吸ったこと自殺しようとしたこと…
そしたら先生が怒ってくれたの私みたいな子を
涙流しながら怒ってくれた…凄く嬉しかった
私の思いをちゃんと解ってくれたこと…私を信じて居てくれたこと…
義家先生は裏切らないよね…暗闇の中で独りぼっちでいるみんなのコト
私はまだイジメの後遺症みたいなので
人を信じれないで居るけど私はまた義家先生や恩師を信じれたようにまた
信じられるようになるよね??
信じることは凄く難しいことなんだけど
信じれるように成ったら信じて良いんだよね
義家先生??

A 義家弘介より
はっきりと断言できること。
それは、暗闇の中で震えている者たちに対して、人生を賭けて放熱を続けていく、ということだ。
ダメなときははっきり怒るし、すばらしいものはすばらしいと断言する。
それが、俺の全てだよ。

信じる、信じないじゃなく、感じるんだ。
本気がある、ということを。
そこから、新たなる一歩は始まるから。

Q.【助けて下さい】質問者:みづき 2008/03/19

先生、私一人になっちゃった。

先生は味方でいてくれる?
私、先生いなくなったら本当に一人だよ

誰も信じれない
信じても信じても裏切られるだけ
信じようとしても、恐怖心がぬけない


先生私一人じゃないよね?

A 義家弘介より
孤独を知っているから、繋がりの温もりを知る。
裏切りを知っているから、信頼の尊さを知る。
俺はみづきという『存在』の味方では、いつまでもあり続けるよ。
でも、何でも決めつけてしまうみづきには「がつん!」と言うぞ。
「それじゃ、ダメなんだ!」
って。
それが本当の信頼を育んでいくってことを俺は知ってるから。

恐怖心。
それは俺だってあるよ。
心を開いて本音で向き合うことは、傷つくことと隣り合わせだから…。
実際、今日も多くの傷とともに生きてる。

でも、みづき、だからこうして出会えただろ?
一緒に考えることが出来るだろ?
もし俺が、傷つくことに怯えながら、自分の世界だけで生きていたら、こうして出会うことも出来なかっただろ。

本当は、誰も一人ではないんだ。
もちろん、そう感じることはある。
でも、そうじゃないことを知ることから、そう思えるように『探す』ことから、すべては始まるって俺は信じてる。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108