HOME > 義家への質問

義家への質問

できるだけ多くの方の質問にお答えしたいのですが、必ずしも皆様に回答ができませんので、あしからずご了承下さい。
下記の質問への回答は、抜粋してご紹介させていただいておりますが、プライバシー等の問題で下記に紹介を希望されない場合は、質問内容にその旨ご記入下さい。

ニックネーム

※必ずニックネームでご入力ください。
メールアドレス

※必ずご入力ください。
タイトル
質問内容
 

Q.【大学生活】質問者:みき 2006/04/25

義家先生、こんにちは。今日は相談があって書き込ませてもらいました。
私は今大学2年です。私は人と会って話したりするのが苦手なんです。人と目が合うと逸らしちゃってる自分がいるんです。話をするのも緊張してうまくしゃべれなかったり。そういうのを友達や先生とかにも指摘されて治そうって思うんだけど、なかなか出来なくて。
前は家から出ることもすごく辛くて引きこもっていたけど、最近は自分を変えようって思って家からでたりしてます。今はこんな私だけどいつか保育士になるんだって言う夢があるから、大学も頑張って通ってます。でも…しんどくて。本当は保育士になりたいんだけど、辛くてここまで無理して夢を追いかけなくても…と時々思ってしまいます。このまま大学を続けるべきか迷っています。先生はどう思いますか?教えてください。
文章がまとまらなくてごめんなさい。

A 義家弘介より
対人関係は本当に難しい。
誰にも多かれ少なかれ、みきと同じような悩みがあるよ。
こういっている俺だって、昔は本当の自分で相手と接することができなかったし、人がヒソヒソ話をしていると、自分のことを言っているんじゃないかと思ってしまった時期もあった。
そんな俺を変えてくれたのは…やっぱり生徒たちだった。
保育士になる夢。
是非かなえて欲しい。
目の前に大切に思う誰かがいたとき、人は「少しでも自分をわかってもらおう」「相手を理解したい」と切に思うもの。
そして、気がつけば、それまで感じていた対人関係の壁を乗り越えていることに気づくんだ。
一人暮らしを始めたり、こうして俺のホームページにアクセスしてきてくれたり、少しずつ、前に進もうとしているみき。
どうかその歩みをやめないで。
その先で、夢は必ず待っているから。

Q.【限界・・・。】質問者:麻沙未(あさみ) 2006/04/25

以前相談させて頂きました「アユ」です。今回は訳あって麻沙未にしました。
以前先生が答えて下さった言葉を胸に、毎日学校に通っています・・・・が、ほぼまた保健室登校。今日も1時間しか教室に行きませんでした・・・。1年の頃私をある奴が窓から突き落とそうとしたのが、今だにトラウマで、そいつが憎くて・・・昨日保健室を飛び出してそいつのクラスに走った・・・けど後から追って走ってきた保健の先生に引きとめられ、保健室に戻る時も戻ってからも「何で俺が窓から突き落とされそうになんなきゃいけねーんだよ!あいつのせいだ・・・あれから・・・リスカは酷くなった。自殺未遂4回。あいつの「死ね」って言葉が頭にあって「私は死ななきゃなんだ」って思っていつも自殺未遂してた・・・あいつのせい・・・病院代払えよ!薬代払えよ!入院代払えよ!・・・・なんであいつはヒョウヒョウと学校通って・・・俺は保護室になんか入れられなきゃなんねーんだよ!ぜってー許さねー!」とか愚痴るように泣き叫んでいました・・・。今それを母親に話しました。「そんな馬鹿はほっときな。廊下でも無視しな。睨みつけな」って・・・。けど・・・激しい動悸に悩まされる毎日・・・そいつの事を考えないでやってくとしても・・・・・やっぱり学校・・・辛いです。高校や勉強のことも頭にあるし・・・入院したい自分もいるけど、母親が大反対だし・・・。毎日いつの間にか泣いてます・・・。
クラスにイジメもなにもないし・・・ただいつも独りなだけで・・・母親が言うとおりに私は・・・我儘に逃げてる・・・のかな・・・先生・・・・。

A 義家弘介より
そんな状態を手を入れずに放置しておいたら大変なことになる。
あなたを突き落とそうとした『あいつ』。その『あいつ』に対して大人がしっかり責任を認識させなければ始まらない。
保健室の先生でも、担任でも、親でも、すぐに動いてもらうようにお願いしたい。
まずはじめに解決すべきは、あなたの不登校でも心ではなく、その心になった原因だ。
なんでそんな当たり前のことに大人たちは気づけないのか。
あなたの思い。『あいつ』への怒り。それをまず身近な大人にしっかりと話し、「このままでは何も始まらないから、今は自分から言ったらとんでもないことになるかもしれないから、間に入って『あいつ』と話して欲しい」と告げることからはじめて欲しい。
あなたの心が少しでも、それ以前の安らぎに戻ることを強く願っている。
それにしても…大人はいったい何をやってるんだ!

Q.【強く生きること…】質問者:ツバサ 2006/04/24

私は3年前施設から今の家に養子として引き取られました。

私の母は私を命と引き換えに生んでくれ、父は男手一つで私を育ててくれました。
でも私が小5の時父は過労で倒れ亡くなりました。
それから身寄りのない私は施設に引き取られました…
毎日毎日生まれてきたことを後悔しました。
私が生まれなければ父と母は死ぬことなく幸せに暮らしてたんだ…私なんて生まれなければ良かった…
何度も何度も死のうと思った…でもいざとなると恐くて死ねなかった…
そして何度も何度も非行を繰り返して警察沙汰にもなりました…
でも誰もそんな私を本気で止め、叱ってくれる人なんて居なかった…
そして3年前そんな私を今の両親が引き取ってくれました。
正直最初は只の偽善者なんだ…良い人ぶってるだけなんだ…そう思っていました。
でもそれは違った…今の両親は私が悪いことをしたらキツク叱ってくれ、良いことをしたら褒めてくれました。
今私は高校の看護科で看護を学んでいます。
昔では考えられなかったけど、今は本気で人の役に立ちたいと思っています。
今私は心から幸せだと思えています。

私の道は間違ってませんよね?今からでも遅くはないですよね?
義家先生の意見を聞かせて下さい。

A 義家弘介より
間違ってなどいません。
これまでの反省は、あなたにとっての大きな財産になると思います。
俺も十六で里子に出て、そこで温もりと出会った。
出生ではなく、出会いが人の生き方を導くんだと思う。
一緒に行こうぜ!
不確かな未来に向かって。
すべてを背負いながら、胸を張って…。

Q.【境目の子はどうしたらいいの?】質問者:ちび 2006/04/24

初めまして♪♪♪
小5・4年の息子をもつ母です。
弟4年生は、普通の子と軽度の発達障害のホント境目にいる子です。見た目は普通の子と変わりありません。小学校に上がり今迄チョコチョコお友達にからかわれたり、仲間はずれみたいな(数人でチャリで遊んでて家の子だけ置いてきぼりにされたり・・・余り帰り道を覚えてない所でやられると心配で・・・)事もありました。先日、算数の時間に、3年生の復習問題でたまたま答えが分からずにいたら隣の子が、「記憶喪失」と、言ったそうです。その子は2年生後半に引っ越してきてその頃から要注意人物でした。3年は違うクラスになり4年で同じクラス隣の席になり、毎日の様に「手を挙げろ」等・・多々難癖をつけられ本人も嫌がっており私も言われても5月には席がえするからほっとけと言って本人も「うん」と我慢してましたが「記憶喪失」と言われ我慢しきれず大喧嘩になり・・・言葉も遅く言葉では言い返せなく手が先に出てしまい担任に止められましたが新卒で女性なので体力的に止められず担任にいわれ生徒が教頭を連れてきて、一方的に手を出した家の子が怒られました。その事を同じクラスの保護者の方から教えて貰い・・・(本人は一言も言わず元気に帰って来てたので)私は、腹の中が煮え繰り返り次の日抗議に行こうと思ってました。でも、子供の事とか色々考え、教頭にご迷惑かけたと頭をさげ、担任に事情を聞く形で話をききにいきました。実際は、教頭は怒った後家の子と話したと。相手の子は家の子が怒ったのをみてビックリしゴメンと言ったと・・・分かりましたが、やっぱり、私は納得いきません。どうして、悪くないうちが、頭を下げなきゃいけないのか・・・また、新任女性だから仕方ないと思えば仕方ないけど、新任と言えども教師の免許を持った以上はプロでしょ?教頭を呼んでくるなんて情けないです。毎年新学期最初に、こうゆう子だから宜しくお願いします。と担任に挨拶に行き、手が出てしまう事は本人にも良くないと注意してますがすぐ実行にはできません。トラブルがあった時は本人の話を聞いてやって下さい。と話してます。何でこうゆう事を言ったら傷つくとか、分からないのでしょうか?相手の子は勿論ですが何故か教師の対応が許せなく教師に対し腹が立ちました。これは、私の勝手な思いでしょうか?境目にいる子が増えていると聞きました。教える側として義家先生は、どう思いますか?長々とすみません。

A 義家弘介より
教育とは『共育』です。
誰もが完璧ではない。
俺だって未完成な人間のひとり。
失敗もするし、過ちも犯す。
どうかお願いです。
前回は、自分の考えを抑えた「大人の対応」をしましたが、疑問に思うことを冷静に学校に伝えて欲しい。
もちろん、手を上げたことは誤らなければならないこと。
しかし、その原因となった、心にずっと残るかもしれない暴言も許されることではないのです。
俺たちの行動のすべては「子どもたち」のためにある。
だから、時にぶつかるのは当たり前。
それを避けていたならば、子どもの心だけが取り残されてしまう。
腹を割って本音で話す。
教師とも、子どもとも。
それがすべてだと俺は思います。
境目の子どもが増えてきた。
よく、それを耳にします。
そしてある意味、それは事実でしょう。
しかし、そもそも、境目ってなんだったのか。
俺たちは、彼らを育てるために存在している。
境目を決め付けて、現状を受け入れるのではなく、彼らの『成長』に責任を持つものとして、向き合い続けていく。
それが教育だったはず。
『境目』といわれ続けてきた俺の教え子は、今、見事に成長し、今、大学で夢を追っている。
先に進もう!
愛情と、情熱と、厳しさと、夢を抱いて。
俺は教育という営みを心から信じている。


Q.【義家先生・・・・。】質問者:リカ 2006/04/23

私は今年中3になりました。ただ今すごく家出をしたいのです。もうなにもかもが嫌になりました。なんで人は幸せな人と不幸な人とで分けられるんですか?それって不公平だと思いませんか?教えてください!



A 義家弘介より
家出をすれば幸せになれるのか?
そうじゃないだろう。
そこに待っているのは、自由という名の不自由だ。
すぐに答えを欲しがっても、何も手に入らない。
人生は机の上の勉強とは違うんだ。
今はリカの人生にとって一番大切なとき。
壊してしまうことは簡単にできる。
だからこそ、立ち止まって欲しい。
喧嘩したっていい。
泣き叫んだっていい。
迷ってもいい。
答えを求める、あるいは放棄する前に、明日の笑顔を考えて欲しい。
あの頃の俺のようにならないように。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108